第3回トレーナー・治療家の為の睡眠基礎セミナー開催決定のお知らせ

 

5月21日(日)に「トレーナー・治療家の為の睡眠基礎セミナー」を開催することが決定しました。

2016年12月、2017年2月と開催して、今回で3回目の開催となります。

 

第2回睡眠基礎セミナー

 

トレーナーや治療家は健康に関わる職業です。

健康は「運動」「栄養」「休養」の3つが柱になります。

 

運動指導や栄養指導、治療に関しては様々なセミナーなどが開催されて情報も多いと思います。

ところが、休養で特に重要な睡眠に関してはあまり多くないと思います。

 

運動・栄養・休養は全て連動しています。

栄養が悪ければ運動にも大きな影響を与えますが、それと同じように休養は運動にも栄養にも大きな影響を与えます。

 

厚生労働省の調査によると、1日の睡眠時間が6時間未満の人が全体の4割に上るとされています。

この状態で運動や栄養がいくら改善されても、「健康」には近づかないと思います。

 

睡眠不足はスポーツパフォーマンスの低下や怪我の発生率も上昇させ、食欲のコントロールを失いダイエットの成功率を低下させます。

 

そのような睡眠は、運動指導者・治療家・栄養指導者にとって必須項目と言えると思います。

 

こちらのセミナーでは、睡眠の基礎知識について学んでいきます。

運動指導や栄養指導、治療において最低限知っておくべき睡眠の知識を網羅する内容になっております。

 

運動指導や治療、栄養指導と睡眠は切っても切り離せません。

 

ただ、普通にトレーナーや治療家、栄養士として活動している場合に睡眠について掘り下げて学ぶ機会はあまりないと思います。

 

こちらのセミナーでは、そんな重要と分かっていても特に学んだことのない方に向けて睡眠の基礎知識を学んでいきます。

セミナーお申込みフォームはこちらから

 

スポンサーリンク

セミナー概要

「トレーナー・治療家の為の睡眠基礎セミナー」

 

日時:5月21日(日)19:00~21:00

 

会場:新有楽町ビル5F「FiNC会議室」

東京都千代田区有楽町1-12-1新有楽町ビル5F

・JR有楽町駅から徒歩2分

・東京メトロ有楽町駅D2出口直結

・東京メトロ日比谷駅A3出口から徒歩3分

 

料金:6,480円(税込)

 

対象:パーソナルトレーナー、アスレティックトレーナー、ピラティスインストラクター、ヨガインストラクター、柔道整復師、鍼灸師、理学療法士、栄養士、管理栄養士など、健康に関わる職業の方とその学生など(それ以外の方もご参加可能です)

 

セミナーの具体的な内容(予定)

 

1、睡眠の重要性

・睡眠の役割

・睡眠不足が引き起こすもの

・睡眠不足の理由

 

2、睡眠の基礎知識

・睡眠のメカニズム

・体内時計の仕組み

・睡眠周期と睡眠の専門用語

・適正な睡眠時間とは?

・睡眠の多様性

 

3、運動・栄養・休養

・運動、栄養、休養の連携(トリプトファン、セロトニン、メラトニンの働き)

・睡眠学で考える朝食の重要性

・眠気のリズムとスポーツパフォーマンス

・睡眠とスポーツの研究(スポーツパフォーマンス・スポーツ傷害)

・手続き的記憶と宣言的記憶

 

4、明日から使える睡眠テクニック

・セロトニンの働きとリズム運動

・睡眠を妨げるブルーライトカット方法

・よい睡眠3つの習慣

・睡眠障害対処12の指針

 

スポンサーリンク

 

こんな方にお勧めのセミナーです

このセミナーのゴールは、「まずは自分の睡眠を改善する」です。

自分の睡眠を改善する中での学びを周りにシェアしたり、セッションや治療、指導などに活かして頂ければと思います。

 

この睡眠基礎セミナーは、こんな方にお勧めのセミナーです。

 

・睡眠を1から学びたい!

・クライアントや患者さんに最低限の睡眠のアドバイスが出来るようになりたい

・まずは自分の睡眠を改善したい

 

睡眠は運動指導や栄養指導や治療の現場でフォーカスされることは少ないですが、睡眠不足の影響で姿勢が崩れる可能性が高いです。

 

姿勢が崩れれば動きも崩れます。

動きが崩れれば、スポーツパフォーマンスも低下します。

そうなれば運動指導にとっては大きな問題です。

 

治療にとっても同じだと思います。

 

睡眠不足の影響で、食欲も影響を受けます。

そうなれば当然ダイエット指導にも大きな影響を受けます。

 

現時点の知識はゼロで大丈夫です!

一から睡眠に関する基礎知識を学んでいきましょう!

 

お申込みは下記フォームに必要事項を入力して送信してくださいませ。

必須お名前
必須メールアドレス(PC)
必須お電話番号
必須 領収証の希望
領収証のお宛名
必須職業
備考


スポンサーリンク