睡眠指導士がすすめる!ブルーライトカットアプリ「f.lux」使い方と設定

 

最近注目される「ブルーライト」。

まだ良くわかっていないことも多いですが、ブルーライトとの付き合い方は、良質な睡眠を保つ上でとても重要です。

 

簡単にブルーライトのマメ知識と、ブルーライトカットにおすすめなアプリ「f.lux」の使い方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ブルーライトとは?睡眠への影響は?

ブルーライトとは、光の種類の一つで、主にパソコンやスマホ・テレビから発せられます。

また、LED照明にもブルーライトが多く含まれています。

 

つまり、我々の生活はブルーライトに溢れています。

 

通勤中にスマホ、仕事はデスクワーク、夜はテレビとスマホであれば、一日中ブルーライトと接していることになります。

 

ブルーライトの眼への影響

ブルーライトは紫外線(太陽の光)に近い性質の光です。

ブルーライトを「小さい太陽」と考えると分かりやすいです。

 

太陽の光を直接見たら目に悪そうですよね?

そして夜に太陽があったらなかなか寝付けなさそうですよね?

 

ブルーライトを長時間見ることで、まず「眼」に様々なダメージが起こります。

 

「視力低下」

「眼の疲れ」

「眼の痛み」

 

このような影響が起こると考えられています。

 

ブルーライトの睡眠への影響

また、睡眠にとっても悪い影響が出ます。

 

人間が眠くなるメカニズムは「疲れたから眠る」「暗くなったから眠る」の2つが主なものです。

 

毎日同じ時間に起きて太陽の光を浴び、体内時計をリセットし、夜は太陽が沈んだら部屋を暗くし同じ時間に眠るという規則正しい生活をすると、「昼は明るく夜は暗い」環境になります。

 

人間は起きてから14~16時間後くらいに眠くなるようになっていますが、その機能を司るのが「メラトニン」という物質です。

 

このメラトニンがしっかり分泌されないと、なかなか眠くならず、良質な睡眠がとれず、寝つきも悪くなります。

 

ブルーライトはこのメラトニンの分泌を妨げます。

 

夜に強い光を浴びると、人間の脳は「まだ夜ではない」と認識し、睡眠に必要な物質の分泌が弱まります。

 

つまり、眠る準備が出来なくなります。

 

そうなると寝付きにくくなり、睡眠の質も低下します。

 

夜にブルーライトを浴びるということは、夜にも小さい太陽が出ていて、いつまで経っても夜にならないような状態です。

 

つまり、ブルーライトをカットしないと、現代人は良質な睡眠をとることは難しいと言えます。

 

厚生労働省のガイドラインでは、「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)を使ったあとは、15分程度の休憩をとる」ことを推奨しています。

パソコンやスマホを1時間使ったら15分休憩してね!ということですが、そんなことをしたら仕事にならん!という方が大半だと思います。

 

と、前置きが長くなりましたが、ブルーライトをカットする一番の方法は

 

「スマホもパソコンも使わない」

 

これが一番です。

 

ただ、現実的ではありません。

 

現実的な対処方法が、

「パソコン・スマホの使用頻度を極力減らす」

「可能な限りブルーライトをカット」

 

この2つです。

 

スポンサーリンク

 

ブルーライトをカットする方法とは?

ブルーライトカットの方法は、大きく3つです。

 

・ブルーライトカット眼鏡

・ブルーライトカットフィルム

・ブルーライトカットアプリ

※追記 iPhoneのアップデートiOC9.3でnight shiftが使えるようになりました。

これでiPhoneでのブルーライトカットも可能になりました!

 

メガネは、様々なメーカーから出ていて、一般的になっていると思います。

 

安いものでは、4,000円程度で買えると思います。
JINS SCREEN

ブルーライトカットフィルムもAmazonや楽天などでも購入できます。