睡眠障害対処12の指針⑨ 激しいいびき・呼吸停止・足のむずむず感は要注意

 

パーソナルトレーナー兼睡眠健康指導士上級の野中です。

 

睡眠障害対処12の指針をご紹介しております。

 

9回目は「睡眠中の激しいいびき・呼吸停止・足のびくつき・足のむずむず感は要注意」です。

長過ぎて、タイトルに入り切りませんでした(笑)

 

これらは睡眠障害と言っても、生活習慣の改善だけでは改善の難しいものになります。

 

これらは睡眠の病気が潜んでいるサインになります。

 

つまり、日常生活の改善だけでは治らない可能性が高いので、

病院で専門医の受診が必要なものになります。

 

 

スポンサーリンク

代表的な睡眠の病気「睡眠時無呼吸症候群」

これは、最近ではある程度有名になったと思います。

 

運転手により居眠り運転の事故などが起こると、必ずと言っていい程出てくるのがこの「睡眠時無呼吸症候群」です。

 

初めて話題になったのは、福知山線の脱線事故でしょうか?

あのような大規模な事故に限らず、特に事故に繋がらなかったものも含めると、かなりの数の「睡眠時無呼吸症候群」による事故・事故未遂はあると思います。

 

これは、睡眠時に呼吸が止まるもので、簡単に言えば睡眠の質が非常に悪くなります。

 

十分な睡眠時間があったとしても、睡眠の質が悪すぎるので、結果的に睡眠は足りません。

 

そうなると、居眠り運転などの問題が起こります。

 

居眠り運転と言うと、怠慢が招いた個人の意思の問題のように思われますが、このような睡眠の病気が引き起こすもので、誰にでも起こる問題です。

 

日中の作業効率が悪い、仕事や勉強がはかどらないなど、

に比べれば大したことが無い内容でも、健康に害を及ぼし、生活に悪影響を与えてしまいます。

 

やっかいなところは、睡眠中なので自分では気付きにくいことです。

 

そして、その結果身体に起こることも「日中の眠気・だるさ・易疲労感」といったものなので、誰にでも起こるものなのでなおさら気付きにくくなります。

 

家族が気付くのが一番判明しやすいですが、一人暮らしではそれも難しいと思います。

 

・いくら寝ても疲れがとれない

・日中の眠気やだるさがあまりにもきつい

・作業効率が上がらない

・日中ボーっとすることが多い

などの場合は、一度専門医の受診をおすすめします。
顎咬合治療
また、周りにそういった方がいれば、専門医の受診をすすめた方がいいと思います。

何しろ本人の自覚がないことが問題を隠していますので。

 

ご家族が気付いた場合は、即専門医の受診をさせてください!

 

 

スポンサーリンク

 

「激しいいびき」は睡眠の病気のサイン?

その他も様々な睡眠の病気があります。

 

一見大したことが無いように思える「激しいいびき」も様々な睡眠の病気のサインになりますので、周りが迷惑なほどの激しいいびきがある場合は、専門医の受診をおすすめします。

 

また、その他睡眠の病気に繋がるサインをご紹介します。

 

 

足のびくつき

突然足がびくつく、足がガクガク動いて寝られない、起きたら足が異常に疲れている、などの症状がある場合も、睡眠の病気の可能性があります。

 

こちらも、周りの人が気付きやすいものですので、ご家族が気付いたら病院の診察をすすめてください。

 

足のむずむず感

「むずむず足病」といった、大したことが無いような名前がついていますが、実際は列記とした睡眠の病気になります。

 

足がムズムズする感じがあり、なかなか寝付けないといった場合も、専門医の受診が必要です。

 

通常の睡眠障害の場合、あしがむずむずするといった症状はありません。

 

ある場合は、睡眠の病気の可能性が高いので、専門医の受診をおすすめします。

 

スポンサーリンク

睡眠の病気以外は、日常生活の改善で睡眠障害が改善に向かう

今回ご紹介した内容は、日常生活の改善だけでは睡眠の改善が困難なものです。

 

逆に言うと、これ以外は日常生活の改善で睡眠の改善が可能とも言えます。

 

症状が当てはまるものがあれば専門医へ、ない場合は日常生活の工夫で睡眠を改善していきましょう!

 

 

パーソナルトレーナー兼睡眠健康指導士上級 野中

スポンサーリンク