パーソナルトレーニングで肩こり改善 ③肩こりと猫背

パーソナルトレーニングで出来ることとして、肩こり改善をご紹介しております。

 

3回目は「肩こりと猫背」です。

肩こりと猫背は密接に関わります。

肩こりを改善しようと思ったら、まずは猫背を改善する必要があります。

 

そんな肩こりと猫背の関係を解説します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

肩こりを引き起こす猫背

前回の、肩こりの原因のところで「姿勢が崩れることによる肩こり」をご紹介致しました。

 

姿勢が崩れると、同時に筋肉のバランスが崩れてしまい、その筋肉のバランスが崩れた部分には過度な負担がかかります。

 

姿勢の崩れの中で、特に肩こりに直結するものが「猫背」です。

 

今やデスクワーク全盛期と言っても過言ではないような時代で、パソコン・スマホの普及が進む中、猫背は避けては通れない姿勢の崩れです。

 

では、肩こりと猫背の関係を見ていきましょう!

 

猫背になると肩こりを引き起こす理由

肩こりは、肩周りや首・肩甲骨や背骨などのバランスが重要です。

これらがスムーズに連動していると、手を上げるなどの動作がスムーズになり、肩こりが起こりにくい状態になります。

 

ところが、猫背になるとこの部分の筋肉のバランスが崩れます。

 

「猫背」というと、背骨が丸まっているだけのようなイメージを持たれると思いますが、実は連動して肩甲骨などにも影響します。

 

猫背になると、背骨が丸まり、その影響で顔が前に出ます。

 

顔が前に出ると、目線は下を向く形になり、前が見えません。

 

その為、アゴを上げて前を見ることになります。

 

このアゴが上がる状態が、首こりや頭痛などを引き起こします。

 

また、背骨が丸まると、同時に肩甲骨は外側に開きます。

 

肩甲骨は腕の骨にも繋がっていますので、この影響で腕の位置もズレてきます。

 

この時、腕は内側に巻き込まれるような形になり、いわゆる「巻き肩」の状態になります。

 

つまり、猫背になることで、背骨・腕・頭・アゴ・肩甲骨など、様々なところに影響が出ます。

 

そしてこれらは、どれも肩こりへ繋がるものです。

 

その為、猫背になる=肩こりになりやすいと言えます。

 

猫背を改善すれば肩こりも改善出来る

猫背になると肩こりになってしまうということは、逆に言えば猫背を改善することで、肩こりも改善可能」と言えます。

 

もちろん、100%ではありませんし、「肩こりの種類」でお伝えさせて頂いてように、猫背の改善が肩こりの改善に繋がらない場合もあります。

 

ただ、多くの場合は猫背を改善することで、肩こりの改善も可能です。

 

次回は、「肩こり改善ストレッチ」お送りします。

 

パーソナルトレーニングで肩こり改善④肩こり改善ストレッチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パーソナルトレーニング解説
記事執筆者情報
この記事を書いた人
パーソナルトレーナー中谷圭太郎

東京の東中野・落合にあるパーソナルトレーニングスタジオhc-life代表トレーナー。スタジオ経営、パーソナルトレーニングレッスンの傍ら、公式ブログを中心にトレーニングや健康に関する情報を発信中。

パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
シェアする
パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
東中野・落合のパーソナルトレーナー中谷圭太郎公式ブログ

コメント