パーソナルトレーナーの資格 JATI-ATI

こんばんは

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

今回は、パーソナルトレーナーの資格として、JATI-ATIを見ていきたいと思います。

 

このJATI-ATIは、パーソナルトレーナーの為の資格という訳ではありませんが、運動指導者の資格として、認知されています。

 

その為、この資格を持っていれば、「有資格者」という立場になると思います。

 

こちらは何度かご紹介させて頂いていますが、パーソナルトレーナーやトレーナー自体が国家資格ではない為、当然この資格も国家資格ではありません。

 

つまり、この資格を持っているから出来ること、この資格が無ければできないことがあるかというと、そうではありません。

 

つまり、「民間資格」という位置付けになります。

 

 

あくまで主観ですが、民間資格の中では広く認識されている資格だと思いますので、「何かトレーナーとしての資格が欲しい」という場合に、上がってくる資格だと思います。

 

このJATI-ATIとNSCA-CPTの2つの資格が、広く認識され、受験資格も得やすい為、学生トレーナーや新人トレーナーがまず目指すべき「ちゃんとした資格」という位置づけなのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

JATI-ATIとNSCA-CPTどっちをとればいいの?

 

さぁ、そこで気になることが、

 

「JATI-ATIとNSCA-CPTはどっちをとればいいの?」

 

「JATI-ATIとNSCA-CPTは何が違うの?」

 

「JATI-ATIとNSCA-CPTはどっちが優れているの?」

 

といったことではないでしょうか?

 

私もトレーナーの学生時代に、色々な方にこの質問をしました。

 

 

「JATI-ATIとNSCA-CPTどっちとればいいですか?」

 

 

何人に聞いたかわかりませんが、明確な答えはゼロ。

 

 

「どっちでもいいんじゃん?」

 

「両方とってみれば?」

 

「好きな方でいいと思うよ」

 

 

……

 

 

答えになっていません。

 

 

そして、今の私の立場からこの質問にお答えしても、答えは同じです。

 

どちらでもいいと思います。

 

 

これでは、答えにならないので、もう少し詳しく見ていきますね。

 

 

スポンサーリンク

 

JATI-ATIとNSCA-CPTの違い

そもそもこれは何が違うかというと、発行している団体が違います。

 

 

JATI-ATIは、JATI(日本トレーニング指導者協会)という団体が発行している資格です。

 

対して、NSCA-CPTはNSCAという団体ですね。

 

 

どちらも民間資格で、トレーナーの団体の資格です。

 

ですので、大きな違いとしては団体が違うので、「どちらの団体の考え方、発信しいている内容に興味があるか?」が資格を決める決め手だと思います。

 

ちなみに、こちらがJATIさんのホームページです。

 

http://www.jati.jp/

 

JATIの理念や資格のメリットなども書かれていますので、参考にしてみてください!

 

これは、NSCAでも同じですが、資格を取ると団体に登録し、会報誌が届いたり、団体主催のセミナーを受講で来たりします。

 

私個人が考える、この資格を取得するメリットは、

 

  1. 有資格者のトレーナーですという証明になる
  2. 団体のセミナー、会報誌などを通して、知識やスキルアップが可能
  3. 資格試験時の勉強で知識向上

 

このあたりでしょうか?

 

実際に就職活動などで、学生が資格保有欄に何を書くかとなると、この資格があると「ちゃんと勉強しましたよ!」という、証明になると思います。

 

(これがあるから就職に有利かと聞かれると、正直疑問ですが…)

 

私が考える、この資格取得の最大のメリットは、ずばり「強制的に学びの機会を作れる」ということです。

 

資格を取ると、とって終わりではなく資格の更新が必要になります。

 

この資格の更新の際に、セミナーの参加などで得られる継続単位を取得する必要があります。

 

大学で言う単位と同じイメージです。

 

つまり、がんばって取った資格を更新するには、セミナー参加などの学びが必須になりますので、強制的に学ばざるを得なくなります。

 

さらに、資格試験もかなり勉強が必要になりますので、資格を取得することよりも、資格取得&継続の過程で得られる「学び」の方が、得る価値が高いかなと思います。

 

 

JATI-ATIとNSCA-CPTの資格の結論

必須の資格ではないが、取得&継続で学びになるのであった方がいい!

でも必須じゃないから、無理して取らなくてもいいよ!

 

パーソナルトレーナー資格は、こんな結論が多いと思います(笑)

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

パーソナルトレーナー

野中

—————————————————————————————————-

パーソナルトレーナー野中圭太郎公式ホームページトップへ戻る

パーソナルトレーナーの資格トップへ戻る

 

パーソナルトレーナー向けセミナーのご案内

スポンサーリンク