日本人の睡眠時間の推移

 

今回は、日本人の睡眠時間の推移をご紹介します。

 

スポンサーリンク

日本人はここ50年で睡眠時間が1時間短縮!

NHKの国民生活時間調査2005によると、日本人の平均睡眠時間は50年間で約1時間短縮しているとされています。

 

日本人の睡眠時間推移

 

 

1960年には8時間13分であった平均睡眠時間が、2005年では7時間22分と約1時間も短縮しています。

 

これが2005年ですが、2015年ではおそらく7時間22分よりも短くなっていると思います。

 

1960年から考えると、1時間以上の短縮となっているのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

眠るのが遅い日本人

さらに、先程の右図が同じ調査の夜10時までの就寝率です。

 

1960年には70%近くの方が22時までに就寝していましたが、2005年では24%と大きく減少しています。

 

当然ですが、この就寝時間の遅さが睡眠時間の短縮に繋がっています。

 

 

さらに気になるのが、夜でも小さな子供がお母さんと一緒に歩いていたり、日付が変わる頃にベビーカーを引いている方を見かけることもあります。

 

諸々事情はあると思いますが、子供の成長の観点から考えると確実に悪影響を及ぼします。

 

 

では、なぜこんなにも夜型化・短眠化が進んだのでしょうか?

 

便利な世の中と夜型化・短眠化

睡眠のメカニズムを考えると、現代の日本は夜型化させるもので溢れかえっています。

 

人間が眠くなるメカニズムは、大きく分けて2つあります。

 

これはまた別でご紹介させて頂ければと思いますが、簡単に言うと

 

・暗くなったから眠る

・疲れたから眠る

 

この2つが、人間が眠るメカニズムです。

 

このうちの「暗くなったから眠る」の方を阻害するものが非常に多くなっています。

 

まず、24時間営業のお店が多く存在します。

 

代表的なものがコンビニですが、それ以外にもスーパーなども営業時間の長時間化が進んでいると思います。

 

私の住んでいるところも、駅から一番近いスーパーは夜中の1時半までの営業です。

その前に住んでいたところは24時間営業でした。

 

マクドナルドも24時間営業のところが多々ありますし、カラオケ・居酒屋など明け方の5時まで営業が多いと思います。

 

また、お店以外でも夜型化に影響しているものが、「インターネット」です。

 

いつでもどこでも情報を得られるようになり大変便利になった反面、夜でも情報がどんどん届くようになりました。

 

そして、世界中と繋がることで時差を考えるとなおさら夜が無くなっています。

仕事でも海外と取引となると時間がメチャクチャになります。

 

そして、そのインターネットを使うものも進化しています。

「パソコン」もそうですが、直近の5年くらいの睡眠時間に影響を与えていそうなものが「スマホ」です。

 

いつでも手元にあり、何でも出来てしまうスマホがあれば、昼も夜も関係なく使い続けられます。

 

ゲームが出来て、ネットが繋がって、そしてSNSも発達してLINEもFacebookも繋がり放題です。

 

そして、ただ夜に使えるだけでも問題なのに、さらに問題なのが「ブルーライト」です。

 

これが「暗くなったから眠くなる」機能に多大な影響を与えます。

 

つまり、様々な側面から「夜型」になりやすい環境が整っています。

 

ただ、「なぜ夜型になりやすいか?」が分かれば対策も取りようがあります。

 

次回は夜型化を防ぐ対策をご紹介します。

 

パーソナルトレーナー・睡眠健康指導士上級 野中

 

スポンサーリンク