パーソナルトレーナーの資格

パーソナルトレーナーの資格について解説しています。

今から資格取得を目指す方、新たな資格取得を目指す方、学生、社会人、転職希望などパーソナルトレーナーの資格に興味のある方向けのコンテンツです。

パーソナルトレーナーの資格まとめはこちら

パーソナルトレーナーの資格とは?資格の種類や取り方解説
パーソナルトレーナーになる為に必要な資格について解説していきます。 パーソナルトレーナーという言葉はある程度市民権を得て、説明はできなくてもなんとなくこんな感じの仕事というイメージは持てるくらいの職業になっていると思います。 ...
パーソナルトレーナーの資格

パーソナルトレーナーの資格取得に必要な費用を解説

パーソナルトレーナーの資格を取得費用で比較しました。 パーソナルトレーナーの資格は登録費・受験費用・更新費など費用の掛かり方が様々ですので、一概に比較は難しいです。 そんな中から、おすすめの資格をご紹介します。
パーソナルトレーナーの資格

パーソナルトレーナーになる方法とは?必要な資格と取得方法の解説

パーソナルトレーナーになる方法とは?必要な資格と取得方法について現役パーソナルトレーナーが解説します。 現状、パーソナルトレーナーになるために必須の資格はありません。誰でもパーソナルトレーナーになれますが、取得しておいた方がいい資格はあります。パーソナルトレーナーのなり方、必要な資格を解説します。
パーソナルトレーナーの資格

スポーツトレーナーの資格とは?スポーツトレーナーになる方法

スポーツトレーナーの資格とは?スポーツトレーナーになる方法を現役パーソナルトレーナーが解説します。 スポーツトレーナーという資格はありませんが、関連する資格を取得することでスポーツトレーナーとしての活動ができます。
パーソナルトレーナーの資格

パーソナルトレーナーの資格は独学で取得できる?取得可能な資格一覧

パーソナルトレーナーの資格は独学で取得できる?独学で取得可能なパーソナルトレーナーの資格についてパーソナルトレーナーが解説します。 受験資格さえ満たせば独学でも取得可能な資格はありますが、勉強量は必要になります。 また、パーソナルトレーナーは絶対に資格が必要な仕事ではありません。
パーソナルトレーナーの資格

パーソナルトレーナーの資格は通信教育講座で取得できる?

パーソナルトレーナーの資格は通信教育講座で取得できる?パーソナルトレーナーの資格取得を目指す上で、通信講座は一つの選択肢です。 ただ、多くの場合は通信講座が必須ではありません。 また、NESTA-PFTでは通信講座で受験資格を取得できることがあります。
パーソナルトレーナーの資格

鍼灸師の資格とは?鍼灸師の国家試験・合格率・将来性・開業など

鍼灸師の資格とは?鍼灸師の国家試験・合格率・将来性・開業などを解説。鍼灸師という名前の資格はなく、正式には「はり師」「灸師」の両方の資格を保有している人を鍼灸師と言います。 合わせてあんまマッサージ指圧師の資格を保有している人も多いです。
パーソナルトレーナーの資格

理学療法士の資格とは?理学療法士の合格率・なり方・学校・給料など

理学療法士の資格とは?理学療法士の合格率・なり方・大学・専門学校・給料などをパーソナルトレーナーが解説。 理学療法士は国家資格ですのであるに越したことはない資格ですが、理学療法士になるデメリットもあります。
パーソナルトレーナーの資格

健康運動実践指導者とはどんな資格?パーソナルトレーナーの資格解説

健康運動実践指導者とはどんな資格?健康運動実践指導者の特徴、年収や就職への影響、健康運動指導士との違いなどについてパーソナルトレーナーが解説しています。 健康運動実践指導者は健康運動指導士と同じく公益財団法人健康・体力づくり事業財団が発行している資格です。
パーソナルトレーナーの資格

NESTA-PFTの資格とは?パーソナルトレーナーの資格解説

NESTA-PFT(NESTA公認パーソナルフィットネストレーナー)の資格とはどんな資格? パーソナルトレーナーの資格と言えるNESTA-PFT。 パーソナルトレーナーとしての専門知識や専門技術だけでなくビジネススキルにも着目しているのが特徴です。
パーソナルトレーナーの資格

健康運動実践指導者の受験資格とは?学校に通わないと取れない資格?

健康運動実践指導者の受験資格とは?学校に通わないと取れないと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。 5つの条件のうち1つ以上を満たせば健康運動実践指導者の受験資格は得られます。そんな健康運動実践指導者の受験資格について解説します。