パーソナルトレーナーの資格 NSCA-CSCS

 

パーソナルトレーナーの資格として、NSCA-CSCSについてご案内致します。

NSCA-CSCSは、前回ご紹介した、NSCA-CPTの上位資格という位置付けになります。

上位資格ですが、NSCA-CPTを持っていれば誰でも受けられるものではなく、1つ条件が加わります。

 

スポンサーリンク

NSCA-CSCSの受験資格とは?

それが、「4年制の大学を卒業もしくは、卒業見込み」ということです。

 

日本のパーソナルトレーナーの場合、高校を卒業後、トレーナーの専門学校へ進学したり、柔道整復師・鍼灸師・理学療法士などの医療系国家資格を得られる専門学校へ進学したりする方が多いと思います。

最近では、4年制大学にトレーナーに繋がる学科が多く出来てきているので、そういった大学に在籍や、卒業された方も多いと思います。

 

つまり、日本のパーソナルトレーナー全体で言うと、受験資格を持っている方が、限られている中で、今受験資格を持っている方、数年後に得られる方は、有利と言えそうです。

 

スポンサーリンク

 

NSCAの資格を考える上での注意点

NSCA-CSCSの受験資格がある場合は、ぜひ受験をした方がいいと思いますが、一つ注意すべき点があります。

それは、上位資格だからと言えども「NSCA-CPTの保有者よりも、NSCA-CSCSの保有者の方が優れたパーソナルトレーナーである」

と認識されることは、ほぼないと思います。

 

少なくとも、現状ではそのように感じます。(人によっては、重視する方もいるかもしれませんが、個人的にはあまり聞きません)

度々ですが、パーソナルトレーナーは国家資格ではありませんし、資格でパーソナルトレーナーの優劣が決まることはほぼありません。

それは就職活動をする時でも、パーソナルトレーナーとしてデビューしてお客さんに選んで頂く時も同じです。

 

私は現在、猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」のスタジオマネージャーとして、採用面接に関わることもありますが、

「NSCA-CSCSだから優秀」

「NSCA-CPTやJATI-ATIだから劣る」

「どれも持っていないから勉強していない」

という見方は致しません。

(場所によっては、資格を有していることで、給与などが変わるところもあると思います)

 

お客様から見たパーソナルトレーナーの資格

また、お客様がパーソナルトレーナーを選ぶ際も、資格はあまり関係ないと思います。

 

NSCA-CSCS

JATI-ATI

NESTA-PFT

 

と横文字で並んでいても何だかわかりませんし、「なんかいっぱいあるからすごいのかな?」くらいに思ってもらえれば十分だと思います。

大多数の方はパーソナルトレーナーを資格で選びませんし、そのようなアンケート結果も聞いたことがありません。

 

ただ、全くの無意味かというとそうではありません。

受験資格があればぜひ目指す価値のある資格だと思います。

 

これもNSCA-CPTと同じですが、NSCA-CSCSで得られるメリットはこちらではないでしょうか?

 

  1. 有資格者のトレーナーですという証明になる
  2. 団体のセミナー、会報誌などを通して、知識やスキルアップが可能
  3. 資格試験時の勉強で知識向上

 

特に、受験時に得られる知識は大きいと思います。

 

何しろ、NSCAの教科書は、辞書レベルの分厚さですので、これを理解すれば、パーソナルトレーナーとしては十分活動できるのではないでしょうか?

わざわざ大学に入りなおしてまで、この資格にこだわる必要は、個人的にはないと思いますが、受験資格があれば、上記のメリットを目指して、取得を検討していいのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク