健康運動実践指導者の受験資格とは?学校に通わないと取れない資格?

 

パーソナルトレーナーの資格として、健康運動指導士をご紹介しました。

それに近い資格である、健康運動実践指導者の受験資格についてご紹介します。

 

健康運動実践指導者も、パーソナルトレーナーの資格の種類で言えば「パーソナルトレーナーに近い資格」と言えると思います。

 

スポンサーリンク

健康運動実践指導者の資格取得までの流れとは?

資格試験

健康運動実践指導者の受験資格には5つの条件があり、このうちいずれか1つを満たせば受験資格を得られます。

つまり、必ずしも学校に通わないといけない訳ではありません。

 

また、正確には「健康運動実践指導者の受験資格」ではなく、「健康運動実践指導者養成講習会の受講資格」となります。

健康運動実践指導者の資格は、健康運動実践指導者養成講習会という指定の講習会を受講し、その後認定試験に合格することで「健康運動実践指導者の資格取得」となります。

つまり、健康運動実践指導者の資格取得のプロセスはこうなります。

 

健康運動実践指導者の受講資格を満たす

健康運動実践指導者養成講習会を受講する

健康運動実践指導者認定試験に合格する

健康運動実践指導者の資格取得

 

このようになります。

そしてこちらが健康運動実践指導者養成講習会の受講資格になります。

 

健康運動実践指導者の受験資格とは?

受験資格

下記の5つの条件のうち、1つ以上を満たせば受講が可能となります。

 

1、体育系短期大学または体育専修大学(2年制)若しくはこれと同等以上の学校の卒業者(卒業見込みを含む)

2、3年以上運動指導に従事した経験のある者

3、運動指導に関する資格を有する者

4、保健医療に関する資格を有する者

5、学校教育に関する資格を有する者

 

また、健康運動実践指導者の資格を発行する公益財団法人健康・体力づくり事業財団のHPでは、3~5の受講資格について、例が挙げられています。

 

健康運動実践指導者養成講習会の受講資格となる資格の例

パーソナルトレーニング

3の運動指導に関する資格を有する者の例

・エアロビックダンスエクササイズインストラクター

・スポーツプログラマー

・フィットネストレーナー

・ヘルスケアトレーナー

アスレティックトレーナー

・運動普及推進員

 

4の保健医療に関する資格を有する者の例

・保健師

・管理栄養士

・看護師

・准看護師

・助産師

・薬剤師

・栄養士

・あん摩マッサージ指圧師

・はり師

・きゅう師

・柔道整復師

理学療法士

・作業療法士

・臨床検査技師

・介護支援専門員

・保育士

・ホームヘルパー1級

・ホームヘルパー2級

 

5の学校教育に関する資格を有する者の例

・幼稚園教諭

・小、中、高等学校教員免許

 

人によっては、健康運動指導士よりもこちらの健康運動実践指導者の方が受験資格を得やすいという方もいると思います。

この資格は健康運動実践指導者の受験資格になるの?

というものも多数あると思いますので、そちらは公益財団法人健康・体力づくり事業財団へお問い合わせください!

 

スポンサーリンク

健康運動実践指導者とはどんな資格?

資格試験勉強

健康運動実践指導者の受験資格について解説していきましたが、そもそも健康運動実践指導者とはどんな資格なのか?とうことはこちらで解説しています。

 

健康運動実践指導者とは?

 

パーソナルトレーナーの資格として直接関与する資格ではありませんが、パーソナルトレーナーに近い資格と言えます。

そして、パーソナルトレーナーが取得する意味のある資格と言えます。

特に行政などと組んで運動指導をしたいという場合には、有効な資格と言えます。

パーソナルトレーナーの資格はこちら

 

資格にはそれぞれ特徴がありますので、目的に合わせた資格取得を目指しましょう!

スポンサーリンク