パーソナルトレーニング解説

TAIKAN STREAM(体幹ストリーム)の使い方・効果の解説

TAIKAN STREAM(体幹ストリーム)の使い方・効果についてパーソナルトレーナーが解説します。 体幹ストリームは、サッカー日本代表の長友佑都選手と共同開発された体幹トレーニングツールです。 使い方がやや難しいですが、効果的な体幹トレーニングツールといえますのでおすすめです。
パーソナルトレーナーの健康情報

TBS名医のTHE太鼓判で紹介のトリガーポイントとは?

TBS名医のTHE太鼓判で紹介のトリガーポイントとは? トリガーポイントについて解説します。 トリガーポイントとは、痛みの原因となっているポイントで筋肉が拘縮しているポイントです。これをほぐせば痛みが改善すると言えます。自分でトリガーポイントを緩める方法もありますが、、やはり専門家へ依頼がおすすめです。
スポーツ情報

2018年春の甲子園(センバツ)出場校予想|第90回選抜高校野球大会

2018年春の甲子園(センバツ)第90回選抜高校野球大会の選抜こう36校を予想します。 2018年は90回記念大会で選抜枠が広がり36校が出場します。 21世紀枠の3枠も含めて予想しています。 近畿大会を制した大阪桐蔭は、史上最強世代として優勝候補と目され、ドラフト候補選手も多数います。
スポーツ情報

箱根駅伝2018年第94回復路結果速報&区間賞発表|青学4連覇!

箱根駅伝2018年第94回復路・総合結果速報&区間賞発表! 往路は優勝候補の青山学院大学・神奈川大学・東海大学ではなく東洋大学が優勝となりました。2位で36秒差の青山学院大学が、復路での逆転優勝を狙います。 青山学院大学は、エースの下田裕太選手を当日エントリー変更で8区に起用しています。
スポーツ情報

箱根駅伝2018年第94回往路結果速報&区間賞発表!

箱根駅伝2018年第94回往路結果速報&区間賞発表です。 優勝候補の青山学院大学、東海大学、神奈川大学ではなく東洋大学がトップを走り続け往路優勝を果たしました。 区間賞は1区・3区で東洋大学が獲得しました。 2区では青山学院大学の森田歩希選手が区間賞を獲得、5区は法政大学の青木涼真選手が獲得しました。
スポーツ情報

青学・田村和希選手、怪我・脱水症状を乗り越え箱根駅伝4連覇へ

青学・田村和希選手、怪我・脱水症状を乗り越え箱根駅伝4連覇へ 2018年箱根駅伝での青山学院大学の4連覇は、ダブルエースの田村和希選手・下田裕太選手に期待がかかります。 その田村和希選手は2017年箱根駅伝では脱水症状で失速、2017年シーズンは怪我もあり不調でしたが完全復活を果たしています。
スポーツ情報

青山学院大学・下田裕太選手、箱根駅伝で怪我の影響は?

青山学院大学・下田裕太選手、箱根駅伝で怪我の影響は? 4連覇を狙う青山学院大学は、エースの下田裕太選手のコンディションが気になります。全日本大学駅伝では怪我の影響で失速し、左足の負傷があったようです。 2017年東京マラソンの欠場の原因となった右膝の怪我も心配されます。
スポーツ情報

箱根駅伝2018年区間エントリー発表|青学は当日エントリー変更!

箱根駅伝2018年区間エントリー発表|青学は当日エントリー変更か? 2018年1月2・3日に行われる箱根駅伝の区間エントリーが発表されました。 4連覇を狙う青山学院大学は、当日エントリー変更を前提に下田裕太選手を補欠に登録しています。当日エントリー変更は4人まで行えます。
パーソナルトレーニング解説

腹筋運動(上体起こし)が腰痛の原因になる?腹筋と腰痛の関係

腹筋運動(上体起こし)が腰痛の原因になる?腹筋と腰痛の関係をパーソナルトレーナーが解説します。 朝日新聞の記事で紹介された腹筋運動が腰痛を招くというものですが、確かに腹筋運動で腰に過度な負担がかかると言えそうです。 腰痛予防の腹筋運動と、根本的な対策方法をご紹介します。
スポーツ情報

2018年第94回箱根駅伝登録メンバー(エントリー選手)発表!

2018年第94回箱根駅伝登録メンバー(エントリー選手)発表! 2017年は青山学院大学の3連覇で終わった箱根駅伝ですが、2018年は4連覇のかかる青山学院大学・出雲駅伝優勝の東海大学・全日本大学駅伝優勝の神奈川大学など優勝候補が多くあります。 エントリー登録された16選手一覧を大学ごとにご紹介します。