骨挫傷とは?骨挫傷の全治・治療方法・リハビリ方法などをパーソナルトレーナーが解説

 

スポーツ中に多い怪我に「骨挫傷」があります。

骨挫傷の言葉の定義はものによって異なり、アバウトな言葉と言えそうです。

 

骨折の手前とも言えますし、打撲の一種とも言えるような怪我です。

 

こちらでは、そんな骨挫傷について解説していきます。

 

スポンサーリンク

骨挫傷とは?

骨挫傷とは、骨に過度な衝撃が加わって起こる怪我です。

 

骨の怪我で最も大きなものが骨折です。

ただ、骨挫傷は骨折には至っていない怪我です。

 

例えば、スポーツ中であれば相手選手と接触してぶつかった際に骨挫傷が起こります。

 

転倒してぶつけた際や、野球のデッドボールのように何か強い衝撃が加わった際にも骨挫傷は起こります。

 

また、接触プレー以外でも骨挫傷は起こります。

肘や膝などを捻った際に、骨と骨がぶつかって損傷すれば骨挫傷となります。

 

この為、骨挫傷はかなり幅の広い言葉と言えます。

 

また、ものによっては「骨折の手前の症状」として使われます。

スポーツ選手の怪我のニュースで「○○骨の骨挫傷」という形で発表されることも多いです。

 

この場合は、「骨折はしていないものの骨の損傷がある怪我」といった認識でいいと思います。

 

骨挫傷と骨折の違いとは?

骨挫傷と骨折はよく混同される言葉です。

 

決定的に違うのが、その名の通り骨が折れているかどうかです。

骨が折れていれば骨折ですが、いわゆるヒビの入った状態も骨折に入ります。

 

一般的に骨挫傷は、レントゲンで異常のない怪我と言われています。

レントゲンで異常が分かれば骨折、レントゲンで異常はないものの骨折と同じような衝撃が加わった怪我が骨挫傷と現場では使われることが多いようです。

 

骨折の詳しい解説はこちらから

 

骨挫傷はレントゲンではなくMRI検査で異常が分かる場合があります。

ただ、MRI検査はレントゲン程簡単に撮れないので、実際にはレントゲンで問題なければ骨挫傷と認識されることが多いようです。

 

骨挫傷と打撲の違いは?

骨挫傷と打撲も同じように使われる言葉ですが、これは定義が違います。

 

打撲は怪我の仕方を表す言葉です。

 

打撲は外からの強い衝撃によって起こる怪我ですので、痛めた場所が骨でも筋肉でも打撲です。

 

骨挫傷は外部からの強い衝撃によって骨に損傷が起こる怪我です。

 

その為、言葉の使い方としては「打撲によって骨挫傷が起こった」という表現が適切です。

 

これは、筋挫傷でも同じことが言えます。

 

スポンサーリンク

 

骨挫傷の全治

骨挫傷の全治は、程度によってかなり差があります。

骨折の全治がだいたい2~3か月であることが多く、骨挫傷はそれよりも短いです。

 

骨挫傷の全治の目安としては、2週間~3週間程度であることが多いと言われています。

 

ただ、もっと長い場合もあります。

骨挫傷の部位や損傷の程度によって異なりますので、その症状次第です。

また、全治の見通しもはっきりしないことが多く「全治未定」で診断されることもあります。

 

スポンサーリンク

骨挫傷の治療方法

骨挫傷の治療方法としては、基本的には安静です。

これは骨折でも同じですが、骨に対して外部から働きかけて治すという手法はあまりありません。

 

骨の原料になるカルシウムやマグネシウム、その摂取を助けるビタミンDなどを摂取することも必要です。

 

酸素カプセルで治癒を早めるという話もありますが、真偽のほどはわかりません。

 

骨挫傷の初期の応急処置としては、RICE処置というものがあります。

これは、処置の順番の頭文字をとった言葉です。

 

RICE処置の詳しい解説はこちらから

 

骨挫傷のリハビリ方法

骨挫傷のリハビリ方法としては、まずは骨の損傷が治まることが先決です。

炎症が無くなり、痛み無く動かせるようになってからがリハビリの本格的な開始になります。

 

これは骨のリハビリというよりも、安静にしている間に落ちた筋力や柔軟性のリハビリと言った方が適切だと思います。

 

その為、骨挫傷のリハビリでやることは部位によって異なります。

 

例えば、肘の骨挫傷であれば肘を固定しています。

そうすると、肘の曲げ伸ばしの筋力・柔軟性が低下します。

 

右腕と左腕の太さが変わっていることもあります。

また、肘が完全に伸びきらない、完全に曲がらないという場合もあります。

 

その為、まずは日常生活に支障が出ないようにリハビリをしていきます。

 

スポーツ復帰に向けたリハビリは、その後に行われます。

 

肘の曲げ伸ばしが出来れば、今度はウェイトトレーニングのように重りをかけて負荷を上げていきます。

 

その後、競技動作に近づけていきます。

野球選手であればボールを投げる、バスケットボール選手であればシュートを打つなどの競技に特化した動作です。

 

そして徐々に競技の練習に加わり完全復帰となります。

 

このように、骨挫傷の為のリハビリがあるというよりも、骨挫傷が治り次第少しずつ元の動作を取り戻していくというリハビリになります。

 

骨挫傷は放っておけば治ると言えば治ります。

ただ、それではその間に失った筋力や柔軟性が戻りません。

 

骨挫傷で失った筋力や柔軟性を取り戻して、初めて骨挫傷が治ったと言えると思います。

 

スポンサーリンク