靭帯損傷とは?膝・足首などの靭帯損傷について解説

 

靭帯損傷は、スポーツ中や日常生活で起こる怪我の中では重症の怪我です。

正確には「靭帯損傷」とは特定の怪我のことではなく、怪我の総称です。

 

骨折や捻挫などと同じような言葉ですので、正式には「○○靭帯損傷」というように特定の靭帯を指して言います。

 

靱帯は身体の各関節を守る上で大事な組織です。

その靭帯が損傷した場合は、部位によってはかなり大きな怪我と言えます。

 

こちらでは、そんな靭帯損傷について解説していきます。

 

スポンサーリンク

靭帯損傷とは?

靭帯損傷とは、身体の中にある「靭帯」が損傷する怪我です。

靭帯損傷が重症の場合は、損傷ではなく完全に断裂してしまうことがあります。

 

この場合は靭帯損傷ではなく「靭帯断裂」と言いますが、断裂も含めて大きく靭帯損傷という場合もあります。

 

靭帯損傷は、捻挫や打撲などの怪我に比べると大きな怪我と言えます。

もちろん靱帯の種類や損傷具合にもよりますが、膝などの大きな靱帯の損傷や靱帯の完全断裂となると重症な怪我になります。

 

場合によっては全治が半年を超えるような大きな怪我にもなります。

 

膝の靱帯を複数同時に損傷するアンハッピートライアドの場合は、全治が1年近くかかります。

 

靭帯損傷は怪我の名前とは言えますが、怪我の総称という方が正確です。

よく「足首の靭帯損傷」などのような表現がありますが、これはかなりアバウトな表現です。

 

足首には多くの靱帯がありますので、正確には「前距腓(ぜんきょひ)靭帯損傷」のようにどの靱帯を損傷したのかを表すのが正式名です。

 

靭帯損傷とは、どこかの靱帯を損傷したという意味ですので、骨折や捻挫のように怪我の仕方の名前と言えそうです。

 

スポンサーリンク

 

靱帯とは?

では、その靱帯とはどのような組織なのでしょうか?

「聞いたことはあるけど何だかわからない」という方が多いと思います。

 

靱帯とは、身体の各関節にある組織です。

靱帯の役割としては、関節の保護が主です。

 

靱帯は関節が過度な動きをしないように動きを制限する組織で、天然のテーピングとも言えるかもしれません。

 

例えば、足首の靱帯は足首が捻り過ぎないように動きを制限する靱帯があります。

それが先ほどの前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)です。

 

前距腓靭帯があるおかげで、足首は過度な動きをしないで済みます。

その結果、足首にある骨や筋肉などが傷付くのを防いでくれます。

 

いわばストッパーのような組織です。

 

靱帯は各関節にあり、細かい小さな靱帯から強固な大きい靱帯まで幅広いです。

その1つずつに名前が付いており、聞いたこともないようなマイナーな靱帯もたくさんあります。

 

この関節のストッパーである靱帯が損傷するのが、靱帯でも支えきれない程の負荷が関節にかかった場合です。

 

先ほどの足首の例でいくと、軽くひねったくらいであれば靱帯が支えますので特に問題はありません。

 

歩いていて何かに引っかかって足首を捻ったことがある人は多いと思いますが、その都度大きな怪我になる訳ではありません。

 

ただ、体重がかなりかかったり、走っていたりと強い負荷がかかって足首を捻った場合は靱帯がその不可に耐え切れず損傷してしまいます。

 

これが靭帯損傷の怪我となります。

 

これは1回で強い負荷がかかる場合と、繰り返しの負荷で靭帯が少しずつ損傷していく場合があります。

 

多くの場合はこの複合で、繰り返しの負荷で少しずつ靱帯が傷付き、最後のトドメで強い負荷がかかって靭帯損傷となります。

 

靭帯損傷の種類とは?よく起こる膝の靭帯損傷

靭帯損傷の種類は、そのまま靱帯の種類に対応します。

 

つまり、身体にたくさんあるどこの靱帯を損傷したかが靭帯損傷の種類ですので、靱帯の数だけ靭帯損傷があります。

 

指先や足先などの細かい靭帯損傷は例が少ないですが、メジャーな靱帯やよく起こる靭帯損傷は、何となく聞いたことがあるような名前が多いと思います。

 

こちらでは、主な靭帯損傷の種類をご紹介します。

 

膝内側側副靭帯損傷

膝の靱帯は大きく4つあります。

その膝の靱帯の中で特に損傷することが多いのが、内側側副靭帯です。

 

軽症であれば数日でスポーツを再開出来ますが、重症の場合は全治数か月~半年くらいかかる場合があります。

 

膝内側側副靭帯損傷についてはこちらから

 

膝前十字靭帯損傷

膝の靱帯の中で最も強固な靱帯が、この前十字靭帯です。

 

その前十字靭帯損傷となると、かなりの重症の怪我です。

前十字靭帯損傷となると全治は半年以上かかり、手術となるケースも多いです。

 

前十字靭帯損傷に加えて、半月板損傷や内側側副靭帯損傷なども合わされば、全治は1年近くになります。

 

前十字靭帯損傷の解説はこちらから

 

膝外側側副靭帯損傷

発生頻度は内側側副靭帯損傷や前十字靭帯損傷よりも少ないですが、膝の外側側副靭帯損傷も起こります。

 

この外側側副靭帯損傷はサッカーやラグビーなどの接触プレーで損傷する場合が多いです。

 

発生頻度は低いですが、長期化する厄介な怪我になる場合が多いです。

 

膝外側側副靭帯損傷の解説はこちらから

 

膝後十字靭帯損傷

膝の靭帯損傷の中では、発生頻度が低いのが後十字靭帯損傷です。

後十字靭帯損傷は、転倒で膝から落ちた場合などに起こります。

 

自転車で転倒した膝を強打した場合などかなりケースは限られますが、それでも膝の不安定性が出るなどの症状があります。

 

よく起こる靭帯損傷「足首」「肘」その他の靭帯損傷一覧

靭帯損傷の怪我は、膝だけではなく他の関節でも起こります。

 

膝以外で靭帯損傷が多いのは、足首と肘です。

 

特に足首は、発生頻度で言えば膝よりも多いと思います。

 

足首の靭帯損傷

足首の靱帯損傷は、主に足首の外側の靱帯で起こります。

 

この外側には主に3つの靱帯があります。

最も損傷しやすいのが前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)で、次いで踵腓靭帯(しょうひじんたい)、後距腓靱帯(こうきょひじんたい)となります。

 

また、足首の内側の靱帯が損傷する場合もあります。

足首の内側にある靱帯をまとめて三角靱帯と呼びます。

 

この足首の外側の靭帯損傷を、足関節内反捻挫と言います。

いわゆる足首の捻挫です。

足関節内反捻挫の解説はこちらから

 

足首の内側の靭帯損傷が足関節外反捻挫です。

 

足関節外反捻挫の解説はこちらから

 

肘の靭帯損傷

肘の靱帯損傷では、肘内側側副靭帯損傷が多いです。

 

内側側副靭帯は膝でもありましたが、肘にも内側側副靭帯はあります。

この肘の内側側副靭帯損傷の場合に受ける手術が、最近プロ野球選手が多く受けているトミー・ジョン手術です。

 

かつては投手生命が終わりくらいの大怪我でしたが、今ではトミー・ジョン手術もあり復帰可能な怪我になっています。

 

スポンサーリンク