パーソナルトレーニングとは?料金や効果など解説

「パーソナルトレーニング」という言葉は、何となく聞いたことがあるけど実際に利用したことがない方が多いと思います。

 

「筋トレとかするの?」

「体幹トレーニングとか?」

「セレブが受けるやつ?」

 

などなど、色々なイメージがあると思います。

そんなパーソナルトレーニングとは何ぞやということを、パーソナルトレーナーが解説していきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パーソナルトレーニングとは?

パーソナルトレーナーの指導

パーソナルトレーニングとは、一言で言えば「マンツーマンのトレーニングレッスン」のことです。

トレーニングというと、きつそうな筋トレのイメージが強いと思いますが、「運動」と思って頂いた方が適切です。

 

パーソナルトレーニングではマンツーマンレッスンを行いますが、これは比較するものがあると分かりやすいです。

例えば、ヨガやピラティス、エアロビクスは1対多数で行うことが多いです。

インストラクターが1人で、受講者が複数名いる状態です。

 

これが、「グループレッスン」という運動の仕方です。

これに対してパーソナルトレーニングは1対1で行います。

 

パーソナルトレーニングの特徴は、この1対1(マンツーマン)で行うことに集約されます。

マンツーマンで行いますので、トレーニング内容は完全にそのお客様に合わせた内容になります。

先ほどのグループレッスンですと、レッスン内容が決まっていてそれを多数の人が受けます。

その為、合う人もいれば合わない人もいます。

パーソナルトレーニングでは、合わない人はいません。

 

トレーニング内容も目的も完全オーダーメイドになりますので、全てが個人に合わせた内容になります。

その為、具体的にパーソナルトレーニングでやることは人によって異なります。

 

例を挙げれば、次のようなものを組み合わせた内容になります。

 

・ペアストレッチ(トレーナーが行うストレッチ)

・セルフストレッチ(パーソナルトレーニングを受ける人が自分で動くストレッチ)

・自重トレーニング(体幹トレーニングなどの重りを使わないトレーニング)

・筋トレ、ウェイトトレーニング(重りを使うトレーニング)

・フィールドトレーニング(スポーツなどの特定の動作に合わせたトレーニング)

 

大まかですが、このような流れでパーソナルトレーニングを行っています。

パーソナルトレーニングの詳しい流れはこちらから

パーソナルトレーニングの流れ解説|流れと内容
パーソナルトレーニングの流れをご紹介します。 パーソナルトレーニングは①カウンセリング、②姿勢・動き・筋力・柔軟性のチェック、③パーソナルトレーニング内容の決定、④ストレッチ&トレーニング、⑤今後の方針の決定という流れで行っていきます。 まずは体験レッスンでこの流れを実際に体験していきます。

 

パーソナルトレーニングの対象者

パーソナルトレーニングの対象者は、基本的には誰でも受けられます。

筋トレだと、ムキムキの人しか受けてはいけないような雰囲気があると思いますが、パーソナルトレーニングでは筋トレをやらなくてはいけないものではありません。

 

先ほどにあったようにマンツーマンレッスンですので、ストレッチしかしない人もいれば体幹トレーニングなどの自重トレーニングで重りは一切使わない人もいます。

 

パーソナルトレーニングは、その人に合わせたトレーニングです。

その為、パーソナルトレーニングの対象者は特に制限はありません。

私もパーソナルトレーナーとして、パーソナルトレーニングを日々提供していますが、年齢・性別・運動歴・怪我・職業など様々です。

 

過去担当させて頂いたパーソナルトレーニングで最年少のお客様は8歳(小学2年生)で、最年長は90歳のお客様です。

 

プロのスポーツ選手から運動を避けて生きてきた50代の方、フルマラソンを走る方から腰椎椎間板ヘルニア・半月板損傷などの怪我で手術を受けた後のリハビリの方まで本当に幅が広いです。

当然ですが、そのすべての方が違うことを行っています。

似たようなことをやっていても、強度が全く違うトレーニングをしています。

 

例えば、お尻の筋肉は身体の中でも特に強い筋肉です。

このお尻の筋力は、スポーツで強い力を発揮するためにも姿勢を保持するためにも必要です。

その為、高齢者でもアスリートでもお尻の筋力を鍛えるトレーニングをしています。

ただ、強度は全く違います。

 

このようにパーソナルトレーニングは強度、目的、種目、難易度などを幅広く変えて対応することで誰も受けることができて、誰にとっても効果的なトレーニングプログラムになっています。

 

パーソナルトレーニングの料金

パーソナルトレーニングのデメリットの1つは、料金が高いことです。

これはどのようなマンツーマンのサービスでも同じです。

 

グループレッスンは1対多数で行いますので、支払う料金は1人あたりで考えれば減ります。

パーソナルトレーニングでは、受ける人が1人ですので支払いも1人です。

 

英会話もマンツーマンレッスンの方が料金は上がりますが、教室だと下がります。

その代わり教室では、レッスン内容は全員同じになりレッスン時間も決められてしまいます。

どのようなサービスでも、マンツーマンレッスンの方が効果も料金も高いと言えそうです。

これはどちらがいいというよりもメリット・デメリットがあるものです。

 

そのパーソナルトレーニングの料金は、人によって差があります。

地方によっても変わりますし、スポーツクラブのように別途月会費を払っているかどうかでも変わります。

 

概ねですが、パーソナルトレーニングの料金だけでは1時間6,000円が相場と言えそうです。

スポーツクラブでは他に月会費が基本的にかかります。

当然ですが、その分パーソナルトレーニング以外でもフリーでスポーツクラブを使えます。

 

パーソナルトレーニングスタジオなど、パーソナルトレーニングのみを行う場所で特に月会費などがない場合は、プラス1,000円~2,000円くらいが相場と言えそうです。

安ければ1時間4,000円くらいのものもありますし、高ければ1時間1万円、2万円というものもあります。

ピンキリと言ってしまえばそれまでですが、それはパーソナルトレーニングに限らずあらゆるサービスでも同じだと思います。

 

詳しいパーソナルトレーニングの料金相場はこちらから

パーソナルトレーニング料金の相場は?東京都内・関西で違う料金相場
パーソナルトレーニングの料金相場はいくら? 東京都内・関西など地方によっても異なります。 また、パーソナルトレーニングの料金でパーソナルトレーナーの良し悪しを判断するにはどうすればいいのでしょうか?

 

パーソナルトレーニングの効果

パーソナルトレーニングの効果は、その目的によって大きく変わります。

1回のパーソナルトレーニングですぐに効果が出るようなものもあれば、数か月かけてようやく効果が出るものもあります。

 

例えば、姿勢の改善や動きの改善、それに伴う身体の不調に関してはすぐに効果が出やすい部類です。

姿勢改善、肩こり改善、腰痛改善などはすぐに効果が出るものもありますが、それでも人によって異なります。

 

O脚で骨の変形があれば2年くらいかけてようやく変化が見られるという場合もあります。

腰痛も筋肉の過度な緊張などが原因であればすぐに効果が出ますが、腰椎椎間板ヘルニアなどの症状があれば数か月かけて少しずつ効果が出る場合があります。

 

また、ダイエットやウェイトアップなどの体重を変えるようなものは時間がかかります。

もちろん極度な食事制限などですぐに痩せることも可能ですが、健康的な方法ではない場合が多く、リバウンドの可能性も高いです。

 

その為、すぐに効果が出ればいいパーソナルトレーニング、効果がすぐに出なければ悪いパーソナルトレーニングとも言えません。

それでもパーソナルトレーニングを受ける側からすれば「どれくらいでよくなるのか分からないものは受けられない」というのが普通だと思います。

 

これにはパーソナルトレーニングの体験がおすすめです。

すぐに効果が出るものなのか、それとも時間がかかるものなのか、そもそも運動で改善が期待できるものなのか?

 

そのような疑問は最初の1回のパーソナルトレーニングでおおよその見通しが立ちます。

そして最初の1回のパーソナルトレーニングですぐに効果が出なくても、「こうやれば効果が出そう!」「少しだけど身体が変わった!」などの手応えは得られるはずです。

 

特にそういった手応えが得られなければ、1回だけ受けて通わなければいいので、パーソナルトレーニングに興味はあるけどどうなの?という方は、まずは一度パーソナルトレーニングを受けてみることをお勧めします。

 

そしてパーソナルトレーナーによって得意不得意もありますので、いくつかパーソナルトレーニングを体験してみてどのパーソナルトレーナーに依頼するかを決めてもいいと思います。

 

パーソナルトレーニングのメリット

パーソナルトレーニングにもメリットとデメリットがありますので、それを理解した上で検討頂ければと思います。

私が考えるパーソナルトレーニングの最大のメリットは、”パーソナルトレーニング”ということです。

 

…いきなり禅問答スタートです(笑)

パーソナルトレーニングとは、マンツーマンでトレーニングをすることです。

 

つまり、そのこと自体が最大のメリットだと思います。

マンツーマンということは、全てをクライアント(お客様)に合わせることが可能ということです。

 

行うエクササイズ、ストレッチ

強度・難易度・種目・回数

 

全てを合わせることが可能ですので、いわばオーダーメイドです。

その方に合わせて行うので、当然高い効果も見込めます。

 

そして、安全にも行えます。

これだけ見ていくと当たり前ですので、対比が必要です。

 

対比として考える場合、まずは「一人で行うトレーニング」が挙げられます。

トレーナーがいない状態で、自分でやるトレーニングです。

 

大体多いのが「一人でジョギング・ウォーキング」や、「一人でジム通い」だと思います。

一人でジョギングは、一番手軽で自分で走るので安全性も高そうですが、実は相当危険なことが多いです。

 

それは、トレーニングピラミッドという考え方でも分かります。

つまり、いきなり走っている時点でもう安全性は低いのです。

もちろん大丈夫な方もいますが、今の日本でデスクワーク中心の仕事をしていてPCやスマホを日常かなり使っていて運動不足の状態でしたら、ほぼ間違いなく「危ない」と言っていいと思います。

 

また、「一人でジム」もトレーニング経験がある程度ないと難しいと思います。

ジムでは器具の使い方などを教えてもらえますが、その方に合わせたトレーニングを処方されるケースは少ないと思います。

逆にその方に合わせた処方をしているなら、もうパーソナルトレーニングが始まっているような状態です。

 

そしていきなりマシンで筋トレも、先ほどの「トレーニングピラミッド」から考えても適切でないことが分かります。

 

そして、パーソナルトレーニングとの対比のもう一つが「1対多数」のトレーニングです。

エアロビクスなどの、グループレッスンがイメージしやすいと思います。

こちらは、全員で一体となって楽しみながらやるので、楽しいですし盛り上がります!

また、人数にも寄りますがある程度参加者に合わせて行うことも可能です。

 

ただ、パーソナルトレーニングに比べれば「お客様に合わせて」が難しくなるのは明らかです。

当たり前ですが、「お客様」が複数になるので合わせるのは当然難しいというか完璧に合わせるのは不可能に近いです。

 

あくまで、最大公約数的に合わせることになります。

ただ、個人的にはパーソナルトレーニングとグループレッスンでどちらが優れているか?

という議論はあまり意味がないと思います。

 

目的が違う

 

で終わる話だと思います。

 

パーソナルトレーニングのメリット・デメリット

安全・効率的で高価なのがパーソナルトレーニング

楽しく・安価なのがグループレッスン

 

こういった感じだと思います。

 

つまり、パーソナルトレーニングのメリットは「効果的」「安全」

パーソナルトレーニングのデメリットは「価格が高い」だと思います。

 

パーソナルトレーニングは個人的には良いサービスだと思いますが、一人を完全に拘束される形になるので、どうやっても価格は上がらざるを得ません。

逆にこの価格が低い場合は、そのパーソナルトレーナーの人件費が低い以外には、基本的に起こりようがありません。

 

パーソナルトレーニングとグループレッスン、一人で行うトレーニング

これらをうまく組み合わせて、日常に運動を取り入れて頂きたいですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パーソナルトレーニング解説
記事執筆者情報
この記事を書いた人
パーソナルトレーナー中谷圭太郎

東京の東中野・落合にあるパーソナルトレーニングスタジオhc-life代表トレーナー。スタジオ経営、パーソナルトレーニングレッスンの傍ら、公式ブログを中心にトレーニングや健康に関する情報を発信中。

パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東中野・落合のパーソナルトレーナー中谷圭太郎公式ブログ

コメント