有鈎骨骨折とは?原因・手術・全治の目安などを解説

野球選手に多い怪我である有鈎骨骨折について解説していきます。

常用漢字ではなかなか見ない漢字ですが、読み方は有鈎骨(ゆうこうこつ)です。

有鈎骨とも有鉤骨とも表記されますが、こちらの記事では有鈎骨で統一してあります。

 

野球選手に非常に多い怪我で、毎年のようにプロ野球選手が有効骨骨折で離脱を強いられています。

こちらでは、有鈎骨骨折の原因・手術・全治の目安などについて解説していきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

有鈎骨骨折とは?

有鈎骨骨折とは、手首の骨の1つである有鈎骨の骨折です。

読み方は有鈎骨(ゆうこうこつ)です。

 

有鈎骨とは手首にある骨で、手首は小さい骨が8個連なり構成されています。

手首の骨は手根骨(しゅこんこつ)と呼ばれ、有鈎骨の他に7つあります。

 

8個の手根骨一覧

・大菱形骨(だいりょうけいこつ)

・小菱形骨(しょうりょうけいこつ)

・有頭骨(ゆうとうこつ)

・有鈎骨(ゆうこうこつ)

・舟状骨(しゅうじょうこつ)

・月状骨(げつじょうこつ)

・三角骨(さんかくこつ)

・豆状骨(とうじょうこつ)

 

有鈎骨骨折は、Wikipediaでこのように解説されています。

有鈎骨(ゆうこうこつ、有鉤骨)(羅名hamatum Os,hamatum)とは、四肢動物の前肢を構成する短骨の一つである。

ヒトの有鈎骨は、左右の手に1本ずつ存在し大菱形骨、小菱形骨、有頭骨とともに遠位手根骨を構成している。

 

Carpus.png

Wikipedia 有鈎骨より抜粋

有鈎骨 - Wikipedia

 

手首の骨の中で、野球選手がバッティングで骨折するのはほぼ間違いなく有鈎骨です。

有鈎骨を骨折する原因は、有鈎骨の位置が関係します。

 

有鈎骨骨折の原因

有鈎骨の原因は、有鈎骨への強い衝撃です。

野球選手の有鈎骨骨折は、ほとんどバッティングで起こります。

バッターがボールを打った瞬間に怪我をするケースがほとんどです。

それもほとんどがファールや凡打などの、”ミスショット”です。

 

有鈎骨骨折の原因を考えると、バットのグリップが関係します。

有鈎骨を骨折する理由としては、バットのグリップが当たる位置がちょうどこの有鈎骨の位置になります。

 

有鈎骨を骨折するのは会心の当たりではなく、ミスショットです。

バットの芯でボールを捕らえると、ほとんど抵抗が無く手が痺れることはありません。

 

これは、バットの力がボールに上手く伝わっている為です。

逆に打ち損じのファウルやポップフライなどは、バットの力がボールに上手く伝わらず、その力がグリップを介して手首に伝わります。

 

グリップの当たる位置=有鈎骨なので、手首に伝わる力は有鈎骨に加わります。

1回ファウルを打ったくらいでは、有鈎骨が骨折することはありません。

 

ただ、長年の有鈎骨へのストレスの蓄積や、有鈎骨の状態、肘や肩の怪我や動きの不良によって過度に有鈎骨に負担がかかるなど、様々な理由が重なった結果有鈎骨の骨折に至ると考えられます。

 

実際に、日本ハムの杉谷拳士選手も中日の高橋周平選手も、ファウルを打った瞬間に有鈎骨骨折となっています。

また、同じような理由でテニスやゴルフでも有鈎骨骨折となる場合もありますが、野球選手に比べるとその数は少ないです。

 

テニスのボールの柔らかさや、止まったボールを打つゴルフと比べ、硬いボールが18メートル先から150キロくらいのスピードで飛んでくるのを打つ野球の方が、有鈎骨への負担が多いのは、何となく想像がつきますね。

 

その他転んで手を付いた時に有鈎骨骨折という例もあります。

 

有鈎骨骨折で多いのは右手首?左手首?

有鈎骨骨折は両手で起こる怪我ではなく、片手の有鈎骨が骨折します。

左右のどちらの有鈎骨骨折が多いかというと、これはそのバッターの打席の左右によります。

 

グリップが当たる為に有鈎骨骨折が起こりますので、バットを握った時に下になる方の手の有鈎骨が骨折します。

つまり、右バッターは左手有鈎骨骨折左バッターは右手有鈎骨骨折となります。

 

先程の日本ハムの杉谷拳士選手は両打ちですが、左打席でファウルを打った瞬間に骨折しましたので右手有鈎骨骨折。

中日の高橋周平選手は左打ちですので、同じく右手有鈎骨骨折です。

 

ゴルフもテニスも同じく、グリップ側の手(下の手)で有鈎骨骨折が起こります。

 

有鈎骨骨折の全治の目安

有鈎骨骨折の場合は、ほぼ手術が行われます。

 

手術の種類としては主に2つで、1つは骨片の摘出です。

これは骨折で折れてしまった有鈎骨の破片を取り除くような手術です。

 

もう1つは骨接合術で、これは有鈎骨骨折の場合上手く骨がくっつきにくいので、それを助けるような手術です。

有鈎骨骨折の手術後は1~2週間のギプス固定となることが多く、その後リハビリを経て復帰となります。

 

野球選手の場合は再び150キロくらいのボールを打たないといけないので、実戦復帰まで1か月半~2ヶ月、1軍の試合復帰までは2~3ヶ月程かかるケースが多いようです。

有鈎骨骨折は野球選手である以上ゼロには出来ませんが、リスクマネジメントは可能です。

 

現に中日ドラゴンズの高橋周平選手が有鈎骨骨折した時は、骨折した試合前の練習から痛みがあったようです。

有鈎骨骨折の存在を知り、無理せず休むことで骨折は防げる場合もあります。

 

また、過度に手首に負担がかからないように肘や肩の怪我を治すことも間接的に有鈎骨骨折のリスクを下げることになります。

 

有鈎骨骨折の怪我をしたプロ野球選手一覧

有鈎骨骨折は野球選手に多い怪我です。

ここでは、有鈎骨骨折の怪我をしたことがあるプロ野球選手を紹介します。

 

・日本ハムファイターズ 杉谷拳士選手

・中日ドラゴンズ 高橋周平選手

・ヤクルトスワローズ畠山和洋選手

・阪神タイガース岡崎太一捕手

・巨人 片岡治大選手

・日本ハムファイターズ 清宮幸太郎選手 etc.

 

有鈎骨骨折の怪我をした野球選手一覧はこちらで紹介しています。

有鈎骨骨折をした野球選手一覧|選手生命への影響はあるの?
有鈎骨骨折をした野球選手一覧を紹介します。有鈎骨骨折の解説、選手生命への影響なども合わせてご紹介します。 有鈎骨骨折は毎年数名のプロ野球が負う怪我で、スラッガーに多い怪我とも言われています。

 

清宮幸太郎選手の右手有鈎骨骨折の怪我詳細

日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手が、右手有鈎骨骨折の怪我を負って負傷離脱となりました。

選出されていた侍ジャパンも辞退となることは確実で、開幕1軍も絶望です。

 

清宮幸太郎選手は、2019年3月3日のオープン戦DeNAでスイング時に手首を痛めて途中交代していました。

怪我の仕方からして有鈎骨骨折の可能性は高そうでしたが、検査の結果やはり右手有鈎骨骨折と診断されました。

 

全治などはまだ発表されていませんが、有鈎骨骨折の場合は全治まで2か月程度はかかる見込みです。

その為、清宮幸太郎選手の復帰時期は5月以降でゴールデンウイーク後になるのではないかと予想されます。

2年目で今季は開幕1軍、レギュラー獲りが期待されていましたが、まさかの負傷離脱となってしまいました。

ただ、負傷した有鈎骨をかばったスイングでフォームを崩す可能性もありますので、リハビリなどは慎重に進めて完全復活を期待して待ちましょう!

 

追記2019/03/06

清宮幸太郎選手は東京都内の病院で右手有鈎骨骨片摘出手術を受けて、実践復帰まで3カ月程度と発表されました。

清宮幸太郎の手術が無事に終了 ゲームへの復帰まで約3カ月の見通し - ライブドアニュース
◆ 序盤戦には間に合わず北海道日本ハムファイターズは5日(火)、清宮幸太郎選手が東京都内の病院で右手有鈎(ゆうこう)骨骨片摘出手術を受け、無事に終了したことを発表した。退院後は自宅静養と通院治療を経

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツで多い怪我解説
記事執筆者情報
この記事を書いた人
パーソナルトレーナー中谷圭太郎

東京の東中野・落合にあるパーソナルトレーニングスタジオhc-life代表トレーナー。スタジオ経営、パーソナルトレーニングレッスンの傍ら、公式ブログを中心にトレーニングや健康に関する情報を発信中。

パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東中野・落合のパーソナルトレーナー中谷圭太郎公式ブログ

コメント