膝外側側副靭帯損傷とは?外側側副靭帯損傷の症状・原因・リハビリなどをパーソナルトレーナーが解説

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

スポーツ中に多い怪我の種類やスポーツ障害について解説しています。

 

こちらのページでは、膝外側側副靭帯損傷について解説していきます。

 

膝外側側副靭帯損傷は、主な膝の靱帯である4つの靱帯の中でも最も受傷頻度の低い靱帯と言われています。

 

ただ、サッカーやラグビーなど相手からタックルされるスポーツや、柔道などかなり不安定な体勢での転倒が多いスポーツでは起こりやすい怪我と言えます。

 

発生頻度は低いですが、重症化しやすい怪我ですのでリハビリなど細心の注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

膝外側側副靭帯損傷とは?

膝外側側副靭帯損傷とは、膝の靱帯の1つである外側側副靭帯を損傷する怪我です。

 

損傷ではなく、重症の場合は外側側副靭帯が断裂する場合もあります。

 

膝外側側副靭帯とは、膝の主な靱帯4つの中の1つです。

 

膝の主な靱帯としては、次の4つが挙げられます。

 

・膝前十字靭帯

・膝後十字靭帯

・膝内側側副靭帯

・膝外側側副靭帯

 

この中で特にスポーツ中に損傷する頻度が高い靱帯は、膝内側側副靭帯です。

 

膝内側側副靭帯損傷の怪我は、頻度は高いですが軽症であることも多いです。

 

内側側副靭帯に次いで多く受傷するのが、前十字靭帯です。

 

前十字靭帯損傷や断裂の怪我は、全治6か月以上かかることが多い重症の怪我です。

 

また、前十字靭帯損傷と内側側副靭帯損傷と内側半月板損傷の怪我を同時に起こす怪我を、アンハッピートライアドと言います。

 

これはスポーツ中の怪我では、最大級の怪我と言えます。

 

これらの怪我に比べると、膝外側側副靭帯損傷の怪我は発生頻度としては低い怪我と言えます。

 

膝外側側副靭帯損傷は、自分で転倒したり動きの癖の悪化などで損傷することが少なく、特定方向からのタックルなどで損傷しやすい怪我ですので、発生頻度は低くなります。

 

ただ、重症化することも多い怪我ですので決して侮れません。

 

 

膝外側側副靭帯損傷の症状とは?

膝外側側副靭帯損傷の症状は、まずは膝の外側の強い痛みが出ます。

 

膝の外側全体に痛みが出ることもあり、外側半月板周囲に痛みが出ることもあります。

 

膝外側の痛みに加え、膝の腫れや運動制限も起こります。

 

その他特徴的な症状としては、「膝が抜ける感じ」など不安定感や違和感です。

 

このような感覚が出ると、運動に対する恐怖感も生まれます。

 

重症の膝外側側副靭帯損傷では、腓骨神経麻痺に伴う足の痺れや膝裏など広い範囲での痛みが出ます。

 

 

膝外側側副靭帯損傷の原因とは?

膝外側側副靭帯損傷の原因は、膝が内側に向かって折れるような負荷や膝を捻る動作があります。

 

具体的には、サッカーやラグビーなどで内側からタックルを食らった時に起こります。

 

柔道や相撲など相手に倒された時に、このような負荷がかかっても起こります。

 

ただ実際にスポーツ現場で膝外側側副靭帯損傷が起こる場面は、内側からタックルを指せることがほとんどだと思います。

 

日常生活ではあまり起こる怪我ではありませんが、交通事故などでは起こることがあります。

 

 

膝外側側副靭帯損傷の治療方法とは?

膝外側側副靭帯損傷の治療方法としては、手術をしない保存療法と手術療法があります。

 

基本的には保存療法が選択されますが、重症な不安定感があれば手術療法が選択される場合もあります。

 

ただ、膝外側側副靭帯損傷は単独で損傷することは少なく、膝後十字靭帯損傷や膝外側半月板損傷などの怪我を合併損傷していることが多いです。

 

また、膝後方関節包と呼ばれる関節を覆う組織も同時に損傷することがあります。

 

サッカー・スペインリーグのバルセロナ所属のイニエスタ選手が膝外側半月板損傷をした時は、この後部関節包も合併損傷しています。

 

このような合併損傷次第では、手術療法が選択されることもあります。

 

保存療法の場合は、痛みや腫れがある程度引くまでは安静に固定し、その後のリハビリが重要になります。

 

 

膝外側側副靭帯損傷のリハビリ方法とは?

膝外側側副靭帯損傷ではリハビリが重要になります。

 

特に保存療法の場合はなおさら重要です。

 

リハビリでは、膝の安定性を保つために太もも周りの筋力強化を図ります。

 

ただ、最初は安静固定で著しく低下した筋力や柔軟性の回復です。

 

数週間の安静でも、下半身の筋力や柔軟性は大きく低下します。

 

ある程度の筋力や柔軟性が回復し、太もも周囲の筋力強化も出来たら実際に膝外側側副靭帯損傷が起こるような負荷に耐えるリハビリが必要になります。

 

膝外側側副靭帯損傷の怪我をしたということは、強い負荷がかかったことは間違いありません。

 

ただ、それに耐える筋力をつけてかなければ再発リスクは上がります。

 

特に手術をしていない場合は、靱帯の強度は怪我をする前より低下していますのでその分筋力が必要です。

 

具体的には、身体を横に倒されないように支える為の筋力です。

 

内ももの筋肉である内転筋、お尻の外側の筋肉である中殿筋などが特に重要です。

 

片足でしっかりと身体を支えるための動作獲得も必要で、片足動作のトレーニングも重要です。

 

片足でのスクワットなども有効な膝外側側副靭帯損傷のリハビリです。

 

ただ、このようなリハビリは現状の筋力バランスや動きの癖などをしっかりと分析したうえで行うことでより効果的なリハビリとなります。

 

このような動作分析・リハビリトレーニングにはパーソナルトレーニングがおすすめです。

 

新宿でのパーソナルトレーニングの依頼はこちらから

 

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

膝外側側副靭帯損傷の怪我をしたスポーツ選手とは?

膝外側側副靭帯損傷の怪我が起こるスポーツは、かなり限られています。

 

サッカー・ラグビーなどが圧倒的に多いですので、こちらでそのサッカー選手で膝外側側副靭帯損傷の怪我をした選手をご紹介します。

 

 

膝外側半月板損傷の怪我をしたサッカー選手一覧

武藤嘉紀選手(マインツ・日本代表) 右膝外側側副靭帯損傷で手術。その後再発で全治4週間

 

・アンドレイ・イニエスタ選手(バルセロナ・スペイン代表) 右膝外側側副靭帯損傷と後部関節包の損傷で全治6~8週間

 

 

その他スポーツ中に多い膝の怪我とは?

膝外側側副靭帯損傷は比較的発生頻度の低い怪我ですが、膝の怪我自体はスポーツ中に多い怪我と言えます。

 

こちらではスポーツ中に多い膝の怪我をご紹介します。

 

膝内側側副靭帯損傷

最も受傷しやすい膝の靱帯が、この膝内側側副靭帯と言われています。

 

膝前十字靭帯損傷

スポーツ中に多い怪我の中でも特に重症の怪我です。

 

・膝後十字靭帯損傷

膝外側側副靭帯損傷と同時に起こることもありますが、比較的発生頻度は低いです。

 

膝半月板損傷

膝のクッション材の役割を果たす半月板も損傷しやすい組織です。

半月板損傷には、内側半月板損傷外側半月板損傷の2種類があります。

 

 

スポーツ中に多い怪我の種類一覧はこちら

 

 

新宿のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク
スポンサーリンク