肘関節捻挫の怪我とはどんな怪我?肘関節捻挫の原因と治療。転倒で負傷しやすい怪我で子供にも多い

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

スポーツ中に多い怪我の肘関節捻挫のご紹介です。

 

肘関節捻挫はスポーツ中に限らず転倒で怪我をしやすいので、子供にも多い怪我です。

 

骨折が隠れている場合もあり、思ったよりも重症というケースもあります。

 

 

スポンサーリンク

肘関節捻挫とはどんな怪我?

肘関節捻挫とは、肘をひねったり過度に伸ばしたりした結果肘の靭帯などを痛める怪我です。

 

捻挫というと足首の捻挫のイメージが強いですが、肘関節でも捻挫は起こります

 

肘関節には様々な靭帯がありますが、大きな靭帯は内側側副靭帯と外側側副靭帯です。

 

肘関節捻挫では、この内側側副靭帯や外側側副靭帯が伸ばされたり過度に捻られたりした結果そのストレスに耐え切れず、靭帯が損傷してしまいます。

 

これは外傷性の肘関節捻挫と言い、いわゆる野球肘テニス肘などの肘の怪我は度重なる負荷に肘の靭帯が耐えきれずに損傷する怪我です。

 

ちなみにプロ野球の投手が受けるトミー・ジョン手術は、この肘の内側側副靭帯の再建手術です。

 

肘の内側側副靭帯が怪我で断裂してしまった時に、手首の丈夫な腱などを代わりに移植する手術です。

 

肘関節捻挫はここまで重症な怪我ではありませんが、骨折などが隠れている場合があります。

 

特に子供の肘関節捻挫で多いですが、転んで肘を痛めて固定したもののなかなか治らず詳しく検査をしたら実は骨折でしたという事があります。

 

靭帯は骨に付いていますので、靭帯が損傷する程の負荷がかかった時には必ず骨にもそれなりの負荷がかかっています。

 

上腕骨外側上顆剥離骨折などの骨折の可能性もあるので、肘関節捻挫の場合は詳細な検査を受けた方が安心です。

 

 

スポンサーリンク

 

肘関節捻挫の原因とは?転倒で痛めやすい怪我

肘関節捻挫の原因の多くは転倒です。

 

転倒した際に手をつき、その時に肘が過度に捻られたり、過伸展という逆方向に伸ばされたりした時に痛めます。

 

普通に転んで手をついただけではそこまで大きな怪我にはなりませんが、相手とぶつかりながら転倒したり、走りながらかなりスピードがある状態で転倒したりすると肘関節捻挫のような怪我に繋がります。

 

普通に歩いていて転んで肘関節捻挫というよりは、スポーツ中に相手選手と接触して転倒などの際に起こりやすい怪我です。

 

 

肘関節捻挫が起こりやすいスポーツとは?

肘関節捻挫は相手選手と接触しながらなどバランスを崩した転倒で起こります。

 

肘関節捻挫の起こりやすいスポーツとしては、サッカー・ラグビー・アメフト・バスケットボールなどのいわゆるコンタクトスポーツです。

 

かなりスピードが出た状態で走りながら相手選手と接触して転倒。

 

ヘディングやリバウンドを争って相手選手と空中で接触して、バランスを崩して転倒。

 

このような場合に肘関節捻挫の怪我が起こりやすいと言えます。

 

 

スポンサーリンク

肘関節捻挫の治療方法は?テーピングは有効?

肘関節捻挫の治療法としては、まずは安静にします。

 

靭帯が損傷していますので、かなり関節で炎症が起こっています。

 

まずは安静にして、腫れや痛みが引いてからリハビリとなります。

 

足関節内反捻挫の怪我では、歩くなどの日常生活でどうしても足首を使ってしまいます。

 

わき腹肉離れの怪我は肋骨に付いているわき腹の筋肉の怪我ですので、呼吸をするたびに動いてしまいます。

 

そのような怪我に比べれば、肘関節捻挫はまだ安静にしやすい怪我です。

 

利き手の肘関節捻挫ですと相当不便ですが、それでも足よりは使わないで済むと思います。

 

特に子供は動かしてしまうので注意が必要です。

 

肘関節捻挫の場合はある程度の固定が必要ですので、ギブスやバンテージなどで固定します。

 

ただ完全に固定してしまうと、関節の萎縮が起こりその後のリハビリが大変です。

 

この辺りは専門家によって意見が分かれると思いますが、個人的には過度な固定は必要ないと思います。

 

テーピングで固定も有効ですが、その都度外さないといけないのでかなり面倒だと思います。

 

肘関節捻挫がまだ治り切っていない状態で、強行出場する場合はテーピングでしっかり固定するのが有効ですが、日常生活であればテーピングよりはギブスなどの方が便利だと思います。

 

 

肘関節捻挫の怪我をしたスポーツ選手一覧

肘関節捻挫はサッカー選手などに多い怪我です。

 

ここでは肘関節捻挫の怪我を負ったスポーツ選手をご紹介します。

 

 

遠藤航選手(サッカー) 左肘靭帯損傷の怪我でリオ五輪前の南アフリカ戦を欠場

 

アルゼンチン代表ラベッシ選手(サッカー) コパアメリカ試合中に転倒で左肘骨折

 

 

スポーツ中に多い怪我の種類はこちら

 

捻挫の種類や症状はこちらから

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク