筋挫傷とは?全治・治療方法・リハビリ方法などをパーソナルトレーナーが解説

 

スポーツ中に多い怪我に「筋挫傷」があります。

この筋挫傷という怪我は、名前の定義がどうも曖昧で色々な使われ方をするのが現状と言えます。

 

こちらでは、筋挫傷について全治や治療方法、リハビリ方法、そして肉離れとの違いなどを解説していきます。

 

スポンサーリンク

筋挫傷とは?

筋挫傷とは、筋肉を損傷する怪我の一種です。

よく肉離れと混同して使われる用語で、ものによって定義が違っています。

 

中には肉離れとイコールで使われることもありますが、個人的には肉離れと筋挫傷は別物と解釈しています。

 

筋挫傷とは、外部からの強い衝撃により筋肉が損傷する怪我を指します。

 

例えば、サッカーやラグビーなどのコンタクトスポーツで相手選手と接触した際に筋肉の損傷が起こるものを筋挫傷と言います。

 

他にも、転倒で強く打ち付けて筋肉を損傷する場合も筋挫傷になります。

 

近い意味で打撲という怪我があります。

 

打撲と筋挫傷はほぼイコールですが、言葉の意味が違います。

 

打撲とは、怪我の種類・怪我の仕方を指す言葉です。

筋挫傷は、打撲などの怪我で起こった現象を指します。

 

つまり、「打撲によって筋挫傷が起こった」という表現が正しい表現と言えます。

 

打撲の解説はこちらから

 

筋挫傷と肉離れの違いとは?

筋挫傷と肉離れはよく混同される言葉です。

 

こちらも先ほどの打撲と似たことが言えます。

 

肉離れは怪我の種類、怪我の仕方を指します。

肉離れとは筋肉が過度に引き伸ばされたことによって起こる怪我で、筋肉がそのストレスに耐え切れずに損傷します。

 

その為、「肉離れによって筋挫傷が起こった」とも言えますが、筋挫傷は肉離れではなくぶつけるなどの外力によって起こる怪我を指して使われることが多いです。

 

つまり、「打撲によって筋挫傷が起こった」はよく使われますが、「肉離れによって筋挫傷が起こった」はそれに比べると少ない表現です。

 

筋挫傷は主にぶつける、転倒で起こる筋肉の損傷と覚えた方がいいと思います。

 

ただ、肉離れの手前の症状を「筋挫傷」と表現することも多くあります。

 

プロ野球選手の怪我で登録抹消のニュースでは、よくこの筋挫傷という言葉が使われますが、大体肉離れの手前の症状を指しています。

 

ややこしいですが、「筋挫傷は基本的には打撲による筋肉の損傷を指すが、肉離れの手前の症状でも使われる」くらいのイメージが現状に合った理解と言えそうです。

 

肉離れの詳しい解説はこちらから

 

スポンサーリンク

 

筋挫傷の全治は?

筋挫傷の全治は、症状によって大きく異なります。

軽症の打撲による筋挫傷であれば、数日で治る場合が多いです。

重症の打撲であれば数週間かかる場合もあります。

 

また、重症の筋挫傷では手術で筋肉内の血腫を除去する場合もあります。

ただこれはかなり稀なケースと言えます。

 

多くの場合は、RICE処置などを施して治療することが多いです。

 

スポンサーリンク

筋挫傷の治療方法とは?

筋挫傷の治療方法としては、特に応急処置が大切になります。

筋挫傷の応急処置としては、RICE処置が有名です。

 

RICE処置は応急処置の頭文字をとったものです。

R(rest)…安静

I(ice)…冷却(アイシング)

C(compression)…圧迫

E(elevation)…挙上

 

このような応急処置によって、治療するというのが一般的な筋挫傷の治療方法です。

先ほどもありましたが、手術となるケースは稀なケースです。

 

RICE処置の詳しい解説はこちらから

 

筋挫傷のリハビリ方法とは?

筋挫傷のリハビリは、痛みが軽減してきた頃から開始します。

基本的には最初は安静にしますが、安静にする期間が長すぎることで筋肉が拘縮して治りが悪くなります。

その為、可能な限り早くリハビリを開始することが勧められます。

 

筋挫傷のリハビリとしては、ストレッチや軽い筋力トレーニングが行われます。

特に最初はストレッチが有効です。

 

筋挫傷によって筋肉が委縮していますので、それをしっかり伸ばしていくことで元の状態に近づけていきます。

 

リハビリには段階があり、最初はストレッチを中心に行い、その後は徐々に負荷をかけてトレーニングを開始します。

 

最終的には、ウォーキング・ジョギング・ランニングと負荷を上げていって怪我前の状態に近づけていきます。

転倒などで起こった結果、日常生活を送れるところまでリハビリ出来ればOKという場合は、特にランニングなどは必要ないと思います。

 

ただ、スポーツ中に起こった怪我で、スポーツへの復帰を目指すリハビリの場合は最終的にはスポーツ動作ができなくてはなりません。

 

例えば、サッカー選手の場合は同じようにウォーキング・ジョギング・ランニングと強度を上げていき、短距離ダッシュ、切り返し動作、ドリブル、キック動作と負荷を上げながら競技動作に繋げていきます。

 

ここまで行く前にしっかりとストレッチやトレーニングで柔軟性・筋力を回復させておく必要がありますので、リハビリといえどもトレーニングの強度は高くなってくると思います。

 

このように、リハビリは目的によってやる内容も変わっていきます。

怪我のリハビリは、理学療法士やパーソナルトレーナーなどの専門家の元で行うことが、安全で効果的なリハビリとなります。

 

パーソナルトレーニングで怪我のリハビリをする流れはこちらから

 

スポンサーリンク