レスター・シティ岡崎慎司選手の凄さを示す走行距離とスプリント回数

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

2016年、サッカープレミアリーグであり得ないことが起ころうとしています。

 

首位にいるのは、マンチェスターユナイテッドでもマンチェスターシティーでもチェルシーでもなく、「レスター・シティ」です。

 

開幕前に「優勝予想はレスター」と言ったら大爆笑されたと思いますが、今は神扱いされると思います(笑)

 

そんなミラクル・レスターでスタメンの座を勝ち取っているのが、何を隠そう日本代表FW岡崎慎司選手です。

 

加入当初はスタメンを勝ち取れず、試合の最後に逃げ切る為に最後ボール追っかけて的な使われ方をされたり、出番が無さ過ぎて日本代表でも出番が減ったりしていましたが、今ではプレミアリーグ得点王を争うジェイミー・バーディー選手の完全な相棒になっています。

 

奇跡の優勝チームのスタメンに日本人選手がいるなんて、さらに奇跡!

 

その岡崎慎司選手は、ニューカッスル戦でオーバーヘッドシュートを決めて英紙の一面を飾るなど大活躍ですが、どちらかと言うと脇役的な役割です。

 

あくまでゴールを量産するのはバーディといった感じで、ゴールの数ではバーディよりもはるかに少ないですが、海外メディアの評価はかなり高いようです。

 

そんな岡崎慎司選手のゴールやアシストには表れないところでの貢献を、調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

岡崎慎司選手の走行距離とスプリント回数はプレミアリーグ屈指?

最近サッカー選手の評価の1つに、1試合での走行距離が使われています。

 

メッシが全然走ってないとか、ノーゴールながらチームトップの11キロを走ってどうのこうのと言われます。

 

さて、岡崎慎司選手はどうかと言いますと、昨年のドイツ・ブンデスリーガのマインツに居た時のデータしか見つかりませんでしたが、1試合平均で約12キロの走行距離。

 

これはブンデスリーガでも屈指の数字です。

 

さらにスプリント数もリーグ屈指とのことです。

 

具体的なスプリント数を知りたかったのですが、出てくるのはメンヘングラッドバッハ戦でMOM(マン・オブザ・マッチ)に選ばれた時の46回ということだけ。

 

走行距離もスプリント数もきっと多いということでしょう!(出来れば詳細が知りたい…)

 

追記:

プレミアリーグ優勝へ王手をかけたスウォンジー戦で、岡崎慎司選手のスプリント回数がプレミアリーグトップとなり、海外で”キングオブスプリント”と高評価です!

 

 

スポンサーリンク

岡崎慎司選手のスプリントも走行距離も出来る能力

サッカー選手であれば、短距離走も速く、走行距離も長く走れる能力が求められます。

 

スプリントだけ速かったり、走行距離だけ長くても良い選手とは言えません。

 

これは、筋肉の線維の種類も影響します。

 

人間の筋肉は、大きく分けると速筋繊維と遅筋繊維というものがあります。

 

簡単に言えば、短距離用が速筋繊維・長距離用が遅筋線維です。

 

この比率生まれつきのものですので、例えば100メートル走で9秒台を出すような選手は速筋繊維の割合が高いと言われています。

 

逆に、マラソン選手などは遅筋線維が多いと言われています。

 

生まれ持っての才能と言えば、何だか元も子もないような話ですが、筋肉の線維の割合で言えば生まれつきのものです。

 

短距離走と長距離走で能力が偏っている人は、この筋線維の割合が偏っている可能性が高いです。

 

岡崎慎司選手の筋線維の割合は?岡崎慎司選手のスプリント回数と走行距離のヒミツとは?

さて、岡崎慎司選手の話に戻すと、恐らく筋繊維の割合はほぼ五分五分ではないのでしょうか?

※ちなみに測定法はアバウトなものが多く、筋肉を切り取って分析が一番分かりやすいけど、痛めてまで測らんでも…ということで、そんなに分析されないようです。

 

つまり、スプリントの才能も並・走行距離の才能も並ということです。

 

それで、ブンデスリーガ屈指レベルで両方をこなすのは、ものすごいことだと思います。

 

レスターでも凄まじいほど走り、岡崎慎司選手の途中交代数はプレミアリーグ最多だそうですが、

「だって岡崎はずっと走っているから」とチームメイトに言われています。

 

途中交代最多が不名誉な記録どころか、“勲章”に見える程走っている気がします。

 

そして、パーソナルトレーナー的に岡崎慎司選手の一番すごいと思うところは「怪我での離脱の少なさ」です。

 

日本代表で100キャップを達成し、歴代トップレベルのゴール数を誇り、Jリーグ・ブンデスリーガ・プレミアリーグと渡り歩いていけるのも、離脱の少なさが大きいと思います。

 

実は同い年の1986年生まれの岡崎慎司選手のプレミアリーグ制覇、そしてチャンピオンズリーグ・ワールドカップ・日本代表歴代最多ゴール記録更新など、今後の活躍に期待です!

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク