足関節内反捻挫とは?足関節内反捻挫の原因・全治・リハビリ方法などをパーソナルトレーナーが解説

 

スポーツ中のみならず日常生活でもよく起こる怪我である足関節内反捻挫の怪我。

 

言ってしまえばただの捻挫ですが、ただの捻挫も重症であれば足首の骨折を伴うなど大きな怪我になりますし、足首の捻挫が膝など他の部位の大きな怪我に繋がることも多々あります。

 

捻挫とは足首の靭帯損傷ですので、基本的に一度損傷した靭帯は元に戻りません。

 

そう考えると、たかが捻挫とバカに出来ない怪我と言えます。

 

スポンサーリンク

足関節内反捻挫とはどんな怪我?足首の捻挫と言っても捻挫の種類は様々

足関節内反捻挫とは、足首捻挫の一種です。

 

足首をひねってしまって起こる怪我です。

 

足首は正式名称としては「足関節(そっかんせつ)」です。

 

足関節の怪我で最も多いのが足関節内反捻挫の怪我で、足関節が内反と言って足の甲が外側に向く状態へ強く捻った怪我です。

 

これが最も多い足関節の怪我で、逆側に捻って起こる足関節外反捻挫よりも圧倒的に多い怪我です。

 

ただ足関節を内反しても怪我はしませんが、強く体重がかかった状態で内反するとその負荷に足関節の靭帯が耐えきれず、靭帯の損傷が起こります。

 

ひどい捻挫の場合は足関節の靭帯が断裂してしまいます。

 

スポンサーリンク

足関節内反捻挫で損傷する靭帯は?意外と多い足首の靭帯

足関節内反捻挫の怪我で損傷する足関節の靭帯は多々あります。

 

その為、「足関節の靭帯痛めました」だけでは情報が不十分です。

 

足関節内反捻挫の怪我で損傷しやすい靭帯は主に3つです。

 

最も受傷頻度の高い靭帯が、「前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)」と呼ばれる足首の外側にある靭帯です。

 

足関節内反捻挫で靭帯損傷と言えば、まずこの前距腓靭帯が損傷していると考えて間違いないくらいよく損傷する靭帯です。

 

次いで受傷頻度の高い靭帯が、「踵腓靭帯(しょうひじんたい)」と呼ばれる靭帯です。

 

こちらも足首の外側に位置する靭帯で、外くるぶしとかかとを繋ぐ靭帯です。

 

3つの靭帯の中で一番受傷頻度の低い靭帯が、「後距腓靭帯(こうきょひじんたい)」です。

 

後距腓靭帯まで損傷している足関節内反捻挫はかなり重症な捻挫と言えます。

 

その他、足関節内反捻挫では「二分靭帯(にぶんじんたい)」「遠位脛腓靭帯(えんいけいひじんたい)」「三角靭帯(さんかくじんたい)」などの靭帯も損傷する場合もあります。

 

また骨折などを伴う場合もありますので、たかが捻挫と侮れる怪我ではありません。

 

サッカー選手に多い怪我である第5中足骨骨折の怪我も足関節内反捻挫に伴って起こる場合もあります。

 

足関節内反捻挫の原因は?足関節内反捻挫が起こりやすいスポーツとは?

足関節内反捻挫の原因としては、狭義の原因で言えば足首を捻ったことによって起こります。

 

足の甲が外側に向く動き(内反)が過度に出た状態で体重が上から強くかかると足関節内反捻挫の怪我が起こります。

イラストのような足首の状態です。

足関節内反捻挫

 

 

ただ、体重が強くかからなければ足関節内反捻挫の怪我は起こりません。

 

よく電車で足関節を思いっきり内反させて座っている女性を見かけますが、これは上から強く体重がかかっていないので足関節内反捻挫の怪我は起こりません。

 

上から強く体重がかかる状態とは、ジャンプでの着地や転倒などです。

 

普通に着地をすれば大丈夫ですが、バランスを崩しながらの転倒や着地で足関節内反捻挫の怪我はよく起こります。

 

また地面が太郎良で名致します頃への着地でもよく足関節内反捻挫は起こります。

 

スポーツで相手選手と接触しながらの着地や相手選手とぶつかっての転倒などでよく起こります。

 

サッカーのヘディングで相手選手と接触して、バランスを崩して着地した際に足関節内反捻挫。

 

ラグビーで相手選手のタックルを受けて転倒して足関節内反捻挫。

 

バスケットボールでリバウンドを取った際に相手選手の足を踏んで着地して足関節内反捻挫(スラムダンクのゴリが海南戦で足関節内反捻挫の怪我を負ったのがまさにこのパターンです)。

 

このようなケースでスポーツ中の足関節内反捻挫は起こりますので、サッカー・バスケットボール・バレーボール・バドミントン・ラグビー・アメフト・テニス・ハンドボール・ラクロス・柔道・相撲・剣道・野球など様々なスポーツで起こりやすい怪我と言えます。

 

また、日常生活でも重い荷物を持って階段を下りる、駅の階段で人とぶつかってバランスを崩した時など、様々な場面で足関節内反捻挫の危険性はあります。

 

 

足関節内反捻挫の全治・リハビリ期間は?

足関節内反捻挫の全治は、先程あったどの靭帯をどれくらい損傷しているかでかなり変わります。

 

軽症であれば数日で済みますが、重症であれば復帰まで2か月くらい要し手術もするなど、足関節内反捻挫の全治は様々です。

 

これは足関節内反捻挫の重症度の分類を見ていくと分かりやすいです。

 

 

足関節内反捻挫の損傷程度の分類

足関節内反捻挫の分類は、損傷部位で分ける分類方法もありますが、ここでは損傷の程度で分ける分類方法をご紹介します。

 

<足関節内反捻挫Ⅰ度損傷>

靭帯の微細損傷がある程度で、足首に痛みはあるが歩いたり軽く走ったり程度であればすぐ可能。

全治としては2~3日なので、すぐに復帰可能な捻挫です。

 

このⅠ度損傷で痛めているのは、前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)単独であるケースがほとんどです。

 

<足関節内反捻挫Ⅱ度損傷>

靭帯の部分断裂があり、痛みや腫れが強く走れないレベルの捻挫。

全治は2~3週間かかりますので、復帰までの期間は少しかかります。

 

復帰するまではサポーターやテーピングなどで固定するケースが多いです。

 

この足関節内反捻挫Ⅱ度損傷で手術の適応となることはありません。

 

足関節内反捻挫Ⅱ度損傷では、前距腓靭帯に加えて踵腓靭帯(しょうひじんたい)も損傷していることが多く、前距腓靭帯の損傷具合もⅠ度損傷より強い損傷となります。

 

<足関節内反捻挫Ⅲ度損傷>

靭帯の完全断裂があり、痛みも腫れもかなり強い状態です。

 

自力で歩くことは困難なレベルの捻挫です。

 

全治は1~2ヶ月かかりますので、長期離脱となってしまいます。

 

この足関節内反捻挫Ⅲ度損傷では、手術の適応となることもあります。

 

足関節内反捻挫の手術では、断裂してしまった靭帯の縫合手術が行われます。

 

足関節内反捻挫Ⅲ度損傷で完全断裂するのは基本的に前距腓靭帯です。

 

踵腓靭帯の完全断裂となると、相当な重症だと思います。

 

前距腓靭帯の完全断裂に加え踵腓靭帯・後距腓靭帯(こうきょひじんたい)も損傷しているケースが、足関節内反捻挫Ⅲ度損傷では多くあります。

 

 

足関節内反捻挫のリハビリ方法は?足関節内反捻挫にテーピングは有効?

足関節内反捻挫のリハビリ方法としては、色々なことが必要になります。

 

ますは足首自体の改善が必要になる為、ふくらはぎの筋肉のストレッチなどで足関節の柔軟性を引き出します。

 

特に損傷が激しく固定期間が長いほど足関節の柔軟性は損なわれますので、リハビリで取り戻す必要があります。

 

また、固有受容器と呼ばれるセンサーの感度も鈍ります。

 

これはいわゆるバランス感覚に重要ですので、リハビリでバランストレーニングなども行います。

 

その他足の指の動き(タオルギャザー)のリハビリなども行われることが多いようです。

 

個人的に足関節内反捻挫のリハビリで最も重要だと思うのが、足関節以外のリハビリです。

 

そもそも足関節内反捻挫の怪我が起こった原因としては着地の乱れなどがありますので、そうならないようにするには足首以外の機能も高める必要があります。

 

特に重要なのが股関節の筋力です。

 

片足でしっかり止まる、倒れそうになっても負けずに耐えると言った時に必要な筋力は股関節の筋肉です。

 

中殿筋・大殿筋・内転筋などの筋肉がしっかり働き、片足立ちや着地、切り返しなどの動作が安定して出来れば足関節内反捻挫の怪我を再発するリスクは減ります。

 

「足首捻挫の再発予防トレーニング」はこちらから

 

 

「足首の捻挫は癖になる」は本当か?

よく捻挫は癖になると言われますが、確かに足関節内反捻挫の再発率は高いと言えます。

 

原因は2つあります。

 

1つは靭帯が損傷しているため、関節の安定性が低下していることが考えられます。

 

靭帯が少しでも損傷している場合と全く損傷が無い状態では、同じ動きでも足関節内反捻挫の怪我をするリスクはやはり違います。

 

そうなると、靭帯損傷がまた靭帯損傷を呼ぶという悪循環に陥ってしまいます。

 

捻挫が癖になる原因の2つ目は、先程のリハビリであったところです。

 

足関節内反捻挫が起こるような動きのクセがある場合は、股関節の機能が低下していたり片足立ちなどの動作の不安定性があったりする場合があります。

 

つまり足首に原因がある捻挫のクセと、股関節などその他の筋力に問題がある捻挫のクセの2つが考えられます。

 

既に損傷してしまった靭帯はもう戻せませんので、リハビリによって股関節などの機能を高める必要があります。

 

捻挫がクセにならない為には、やはりリハビリが重要と言えそうです!

 

 

足関節内反捻挫をしたスポーツ選手

足関節内反捻挫の怪我は非常に多く起こる怪我ですので、スポーツ選手も多く足関節内反捻挫の怪我を負います。

 

様々な競技で起こる怪我ですが、その一部をご紹介します。

 

バレーボール 石川祐希選手(右足関節内反捻挫。右腓骨筋も損傷)

 

<サッカー>

セレッソ大阪・柿谷曜一朗選手 右足関節内反捻挫の怪我で全治4週間

川崎フロンターレ・中村憲剛選手 右足関節内反捻挫の怪我で全治4週間

 

<野球>

DeNAベイスターズ・山口俊投手 左足関節内反捻挫の怪我で前距腓靭帯と踵腓靭帯を損傷

 

 

スポーツ中に多い怪我の種類はこちら

 

足首捻挫とは?足首捻挫の原因・症状・全治までの期間・リハビリ方法など

 

捻挫の種類一覧はこちら

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク